タグ:LeicaM8 ( 4 ) タグの人気記事
六義園のしだれ桜と大名庭園
 東京・駒込にある六義園(りくぎえん)は、都内有数の規模を誇る大名庭園として知られています。中でも最大の見所と言えるのが、このしだれ桜ではないでしょうか。


d0105068_00163705.jpg
Leica M8 + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 2013年3月25日 東京・六義園

 この美しいしだれ桜は、例年3月下旬に満開となります。今年はというと、テレビ中継を見たところではもう満開のようですね。上の写真は2013年のものですが、3月25日の時点で既に散り始めています。今年は少し開花が遅いのがよく分かります。

 六義園のしだれ桜は夜間はライトアップされることでも有名で、ライトアップ期間中は特別に夜9時まで開園されます(入場は夜8時半まで)。ただし、かなりの混雑になるようですね。

 上の写真はLeica M8とフォクトレンダーSUPER WIDE HELIER 15mm(35mm判換算で約20mm相当)の組み合わせで撮影したものですが、これだけ広角のレンズでも画面一杯となるので、広角寄りのレンズが必要です。この時は平日日中の天気の悪い日に撮影したため、来園者もそれほど多くなく、少し引いた場所から撮影できたのですが、まさに今日明日のような満開の週末ともなると、かなり接近して撮影せざるを得ません、そうなるとかなりの超広角レンズが必要となるかと思います。


d0105068_00381636.jpg
Leica M8 + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 東京・六義園

 花鳥風月的な写真をそこまで熱心に撮る方ではないですが、とはいえ桜の時期ともなると、その美しさに心が動くのは日本人の性なのでしょうか。

 今日も東京・乃木坂にある乃木公園では、多くの方が満開となった桜にカメラを向けていました。カメラを持ってなくて悔しかったです……。


大名庭園を歩く

d0105068_01243854.jpg
d0105068_02184993.jpg
d0105068_02184378.jpg
SIGMA DP2 Merrill 東京・六義園

 六義園は、徳川綱吉の側用人であった柳沢吉保が造った回遊式築山泉水庭園で、万葉集にも描かれた「和歌の浦」(現在の和歌山県)の光景が造られるなど、庭園の中に、山、谷、川、島、浦といった自然の風景がそのまま盛り込まれています。

 植物は多種多様で、桜の時期にもう若葉が芽吹いている木もありました。


d0105068_00434639.jpg
SIGMA DP2 Merrill 東京・六義園

 写真は上下逆さまではありません。六義園の中でも指折りの大木である、樹齢300年の「吹上の松」を撮影した一枚です。枝を四方に伸ばし、もう水面に付くのではないかというほどです。

 等倍で見ると、針のように鋭い葉の一葉一葉が、目に突き刺さりそうなほどの描写なのですが、超絶解像力のDP2 Merillならではといったところでしょう。

 満開の桜だけでなく、見事な大名庭園を見物してみるのもいかがでしょうか。


d0105068_12225732.jpg



[PR]
by vivid_bit | 2014-03-30 01:27 | SWH 15mm F4.5 II
最終日・東横線渋谷駅・そして人(再掲)
 東急東横線渋谷駅の地上駅舎が、ついに最後のときを迎えます。2013年3月15日終電をもって地上駅舎での営業を終了し、明日16日からは駅舎を地下化し、東京メトロ副都心線との直通運転がスタートします。

 これに伴い渋谷駅手前の代官山駅から約1.4kmの線路が地下化され、地上を行き交う電車の姿を見ることもできなくなります。その最後の様子を撮影しました。

 (2014年3月16日、地下化一周年を記念して写真を追加し、再編集しました。)

d0105068_1575973.jpg
Leica M8  + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 

 金曜日の午後11時、多くの人が渋谷駅の駅舎に向けてカメラを向けている光景がそこにはありました。その多くは一般の人で、鉄道愛好家という雰囲気はありません。多くの普通の人に愛され、この場所を通じてドラマがあったことが分かります。

 明るく光る駅舎の中を多くの電車が行き来する日は、今日が最後です。地上駅舎自体は1927年から、そして現駅舎自体は1964年から使われてきましたが、もう地上で見ることはできなくなります。



d0105068_20213298.jpg
 世界的にも屈指の乗降客数を誇りながら、地下に渋谷川が流れる窮屈な立地にあるこの駅舎もいよいよ最後です。

 これだけ有名な場所でありながら、駅東側はかなり雑然としています。この雑然としたところが渋谷らしいといえば渋谷らしいと言えますね。

 ただ、この渋谷の中心地は、すでに竣工した渋谷ヒカリエに加えて、今後東横線駅舎跡に建てられる予定の地上46階、高さ約230メートルの高層ビルなどの巨大な建築物が林立することにより、都内屈指の高層ビル街に姿を変える見込みです。戦前の東横電鉄・玉電時代から続く不思議なカオスさを持つ駅周辺の雰囲気もがらっと変わることになるでしょう。

 すでに明治通りそばのタクシー乗り場や銀座線近くでは、巨大な高層ビル建設に向けた準備が進んでいます。


d0105068_1514211.jpg
 駅前の歩道橋には多くの人がいましたが、時間も遅いせいか激しく混雑というほどではありません。

 東横線の駅写真を撮られているプロカメラマンの中井精也さん(とテレビ局の取材陣)もちょうど歩道橋の上に来ていました。

 激しい混雑というほどでもないため、立ち止まらないなどの注意もされることなく、皆思い思いに最後の風景を見つめています。
 「85年分のありがとう 東横線渋谷駅」と題した東急電鉄の自社広告も感動的で、多くの人が写真に収めています。みんなFacebookにアップしたのでしょうか。


最後の警備


d0105068_13440956.jpg
d0105068_13435077.jpg
 駅員や警備員、東急スタッフが総動員で警備に当たります。



d0105068_1372247.jpg
Leica M8  + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 



d0105068_1374786.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical 



d0105068_2093211.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical  

 後者ホームには多くの警備員が配置され、立ち入れないようにしていました。時間が遅くなりにつれ、警備員以外にも東急社員が総出で対応に当たります。改札口付近ではスタッフが人間の壁を作り、人を誘導しています。

 上の写真で映り込んでいる女性が、いかにも普通の方という感じでお分かりのように、最後に集まっていた多くの方は一般の人たちでした。また変な騒ぎも起きず、もみ合いも無く、秩序正しいままカウントダウンが進んでいきました。
 最終電車はこの次です。刻一刻とその時が近づきます。


d0105068_13440634.jpg
Leica M8  + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 
d0105068_20104310.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical  

 仕事帰りの皆さんも、ホームの模様と最後に入線してくる車両をカメラに納めようとしています。



d0105068_150344.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical  

 電光掲示板に多くの人がカメラを向けます。

 ほとんどの人が何かしら撮影されてましたね。皆に愛されている駅だということの証拠ですね。




d0105068_14595042.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical  

 ついに元住吉行きの最終電車が出発します。

 この電車と次の回送電車をもって、東横線代官山駅と渋谷駅間の地上線は営業を終了し、同時に地下に建設中であった線路と、現在の線路を接続する作業が開始されます。代官山駅ではその切り替え工事のために多くの工事関係者が待機している頃です。

 ちなみに最後の回送電車は武蔵小杉駅から渋谷に到着した臨時の上り最終電車の折り返しとなる電車です。この最終の上り電車には多くの鉄道ファンが乗車していました。
 多くの人が最後の下り電車に乗りこみました。中には電車の中から撮影している人もいます。普段駅で撮影しているのは鉄道ファンだけですが、今日は誰もがこの様子を記録しています。



d0105068_20282018.jpg
Leica M8  + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 

 最終電車がゆっくりと発車していきます。

 さようなら渋谷駅! 今までありがとう!


■過去の記事

■ブログご紹介

 さよなら渋谷地上駅 / SAILIN' SHOESさん
http://blog.goo.ne.jp/funamyu/e/2f049fd98448c6f669b2541e6330e80f
最終日のお写真を朝昼夜と掲載されており、当時の空気感が伝わってきます。
NEX-6で撮影されたキレのあって透明感のあるお写真が美しい!

[PR]
by vivid_bit | 2014-03-16 21:53 | NOKTON50mm F1.5
ミッドタウン・六本木・夜桜
 昨日に引き続き六本木の東京ミッドタウンの夜桜を見物してきました。ミッドタウン周りの外周道路沿いには桜が植えられており、美しいライトアップがされる新しい東京の名所となってきています。(昨日の記事はこちら

 その名も「さくら通り」という外周道路を持つ東京ミッドタウン。例年は3月20日から4月20日頃まで、桜の開花に合わせたイベントが開催されています。桜が綺麗なのは乃木坂方面から中央裏手の芝生広場にかけての1/4周分のエリアです。夜はライトアップされ、昼の桜とは違った雰囲気が味わえます。

 昨日はEOS 5D MarkIIでしたが、今日はLeicaM8で撮影してみます。どれだけ絵が違うのか比較して見てみましょう。


d0105068_22183147.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 すでに六本木の桜は満開で、イタリアン「ピッツェリア・トラットリア・ナプレ」のテラス席からはライトアップされた美しい桜が目に飛び込んできます。遠くからでも圧巻の眺めです。

 このイタリアン「ナプレ」のピザは絶品です。以前ほど長い行列はできていないので、六本木で店に困ったらぜひ。(それでも人気店であることには変わりがありません)

 案内図ではこの「ナプレ」はガレリア・ガーデンテラス1階にあるのですが、この写真でご覧の通り、地面からはかなり高いところに位置しています。東京ミッドタウンの正面側と、芝生広場のある裏側では地面に傾斜があり、赤坂方面にかなり下がっているため、芝生広場側では地下1階が地表フロアになります。桜を見るなら1階のフロアの各レストランがお薦めですね。2階以上だと遠くなりすぎてしまうかと思います。



d0105068_22182116.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 とはいえテラス席はちょっと寒いですね。今日はコートが手放せません。ストーブが置かれていますが、どれほど暖かいのでしょうか。

 絞り開放での淡い写りが雰囲気に合ってちょうどいいですね。背景は少し現代的なライトアップがされていますが、ズミルックスの曖昧さがほどよく中和してくれます。



d0105068_2218642.jpg
Leica M8 / Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm f4.5 ASPHERICAL II

 こちらはSUPER WIDE-HELIAR 15mm f4.5 ASPHERICALで撮影。

 きりっとした解像度の高い写りがSummilux35mmと大きく異なります。非常に現代的で先鋭的な描写が目に飛び込んできます。イラストのようなアーティスティックに描写したような桜の姿が特徴的です。




d0105068_22174855.jpg


 手持ちで柔らかい写真を撮りましたが、夜桜には三脚を立ててしっかり撮るのがおすすめです。

 周りには三脚を立てて撮影されている方が何人かおりましたが、それほど多くないなというのが正直な印象です。案外混んでいなかったため、三脚を立ててもそれほど迷惑そうではありませんでした。


d0105068_22173313.jpg






d0105068_22171868.jpg





d0105068_2217355.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)





d0105068_2216472.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 下では桜のイベントをしており、飲み物のワゴンに長い行列が出来ていました。

 とはいえ日曜日午後7時台でもそれほど混雑していません。まだ寒いからですかね。






d0105068_22163676.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 ミッドタウンに「火龍園」というスタイリッシュな中華料理屋さんが入っているのですが、こちらからの眺めは抜群です。

 「ナプレ」のテラス席ほどの眺めは望めませんが、上から桜も見つつ、新世代中華を味わうのはいかがでしょうか。

 和食のように各地の新鮮素材を生かしたあっさりした味わいが絶品です。







d0105068_22162242.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 予想以上に早い開花で、桜のイベントが4月も続けられるのか心配になってきてしまいます。

 今はまさに満開で、葉っぱもほとんど出てません。ミッドタウンの桜を見るには今がおすすめです。


[PR]
by vivid_bit | 2013-03-24 22:24 | Summilux 35mm F1.4
さよなら渋谷駅
3月15日で東横線渋谷駅の地上駅舎が閉鎖となり、16日から地下化されることになります。

長年親しんだこの駅舎ですが、中学時代から往復に使っていたので、簡単に計算すると2400回は通ったことになります。


スーパーワイドヘリアー15mmで撮る


d0105068_1464516.jpg


SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical IIで撮影しています。(換算20mm相当)

視界にはなるべく入らないように撮影していますが、渋谷駅には多くの方が集まり、駅の風景を撮影されていました。


d0105068_1445545.jpg


銀色のにくい奴。明日からは地下を走ることになるわけです。

駅舎のど真ん中に首都高速が通っているのもなかなか面白いところです。



d0105068_144349.jpg


かまぼこ型の駅舎とももうお別れですね。



d0105068_144204.jpg


着物屋のご主人も、毎日使った駅が無くなってしまうのは寂しいよねとおっしゃってました。

普通の人がカメラを向けている渋谷駅の姿を見ていると、多くの人に愛された場所だったんだなと痛感します。

こうして改札を通るのもなんてことは無い日常でした。




d0105068_144486.jpg
終日混雑する渋谷駅ですが、恐らく最終日はとんでもない混雑になるんでしょうね。



d0105068_1422432.jpg
ノーファインダー撮影も楽しいですね。


Nokton50mmで撮る



東横線渋谷駅の地上駅舎がついに営業終了。本日朝から副都心線との直通運転が開始が開始されました。


d0105068_12331520.jpg

Leica M8 + NOKTON 50mm F1.5 (以下同じ)

今となってはこの景色も懐かしいですね。



d0105068_1233062.jpg

東横線で9000系の営業が終わること自体知らなかったのですが、運良く9001Fに遭遇。


d0105068_12324372.jpg
地上駅ならではの強い光と蛍光灯の色とコントラストが懐かしい。



d0105068_12322167.jpg



東急の車両の代替わりが進んで、ついこの間まで飽きるほど走っていた車両が無くなっています。

地上駅が無くなると同時に、色々な発見がありました。



ズミルックス35ミリと最後の渋谷駅


 そしてズミルックス35ミリで捉えた写真を掲載します。
d0105068_1248065.jpg




d0105068_12474834.jpg





d0105068_12473388.jpg
最終日の下り電車の姿です。

[PR]
by vivid_bit | 2013-03-14 01:51 | Summilux 35mm F1.4


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ