タグ:昼景 ( 8 ) タグの人気記事
CONTAX G2とBiogon21mmで原爆の日を思う
 フィルムで撮りたい景色というものがあります。CONTAX G2を持ち出して撮りたい景色というものもあります。

 夏の少し水蒸気の多い、あの日と同じような空の下で、原爆ドームがどのようにフィルムに映し出されるのか。

 少し時期を過ぎてしましましたが、そんな想いを胸に撮った一枚を紹介したいと思います。 

d0105068_21282193.jpg
CONTAX G2 + Biogon21mmF2.8 原爆ドーム

 フィルム特有のざらっとした感触と、ある意味正確では無いネガフィルムの写りが、今のデジタルカメラでは難しい表現を教えてくれます。これを人工的にやろうとすると、少し嘘くさい表現になってしまう気がします。

 最近はソニーNEXシリーズ(NEX-3、NEX-5、NEX-6、NEX-7など)や富士フイルムXマウントシリーズ(X-Pro1、X-E1、X-M1)、フォーサーズ機(オリンパスPEN E-P3など)のように、アダプタを使ってカールツァイスレンズGマウントレンズが付けられるボディが増えてきました。中にはオートフォーカス内蔵の驚くべきマウントアダプタまで登場しています。

 Gマウントレンズ好きとしては注目を浴びて嬉しい限りの環境ですが、フィルムでしっかり味わってこそ本当に面白い一本だとも思います。

関連記事


 瀬戸内海に浮かぶ現代アートの島・直島や、都内美術館で撮影したCONTAX G2の写真を掲載しましたのでこちらもご覧下さい。

ビオゴン21mmF2.8の写真はこちらからどうぞ。リバーサルフィルムと相性抜群の濃厚な発色がたまりません。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-08-12 22:18 | Biogon 21mm F2.8
中世の街プラハ、モノトーンの世界を旅して
チェコ共和国の首都プラハ。中世の雰囲気を色濃く残すこの街ですが、1600年代以降はヨーロッパの政治・文化・芸術の本流からは外れていました。

皮肉なことに大国の中心地で無くなったことで、以後の独仏、独ソの係争の中心からも外れ、第二次世界大戦においても、ソ連軍総反攻の主方向に当たることなく、ケーニヒスベルク(カリーニングラード)のように美しい町並みが根こそぎ破壊される事態を避けることができました。


d0105068_043518.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

プラハは本屋の街でもあります。古本やアンティーク品を扱うお店も多く、枯れた雰囲気のあるお店が多く存在します。

キヤノンEOS 5D MarkIIと24-70mmLが、街のスナップであっても小物の撮影であっても汎用的かつ安定的にこなしてくれます。このコンビは大量に撮影したいときのメイン機材として活躍してくれているのですが、やはりケチのつけようの無い品質です。かなり時間の無い旅だったのですが、滞在中もトラブルフリーでした。



d0105068_2339224.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM


d0105068_0421888.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

街を歩いて楽しかったのはパリよりもプラハでした。市街地はどれもこの写真のように雰囲気があり、その陰影はどれもドラマチックです。

落ち着いた路地に見えるタトゥー屋の看板。少しアンダーグラウンドの香りが漂う空気の中で、痩せた犬が徘徊する景色は何とも不気味です。




d0105068_0432924.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

プラハの天文時計は、プラハの中でも一、二を争う名所です。からくり時計が起動するのを目当てに毎正時に多くの観光客が集まってきますが、室町時代の頃から設置されているこの時計の歴史からすれば、からくり時計の機能が加わったのはつい最近とも言って良いぐらいです。

中世においては正確な機構により時を刻む時計こそがサイエンスの象徴であり、最新鋭の機械でした。ヨーロッパの中心で時代の先を進んでいたモニュメントが、今では中世の趣を残すノスタルジックな場所になっているのは興味深いところです。

渋谷駅前のスクランブルと巨大ビジョンをそのまま300年残したら、きっと巨大なハードウェアで最新情報を得ることがなくなった未来の人には最高の遺物として目に映るのでしょう。

モノトーンで色彩を捨象し、シンプルに見える世界でこそ、歴史を見てきたモニュメントの持つ重みがより一層伝わってくるように感じます。


d0105068_12481.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

パリの地下鉄の車両の中で、お金をせびる大道芸人に出くわしたとき、演奏の押し売りをしている癖になんて厚かましい人間なんだと呆れると同時に、日本の公共空間のクリーンさに改めて気づかされました。

一方、プラハも大道芸人は多く、観光名所で演奏をする人も多いのですが、「大道芸人」と言うには申し訳ないほど、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれる人が多いことに驚きました。街の雰囲気にふさわしい「アート」がそこにはありました。多くの観光客もそのことに気づいたのでしょう。街角のカフェの一角には演奏に聴き入る聴衆の人だかりができていました。

彼女は何を思ってプラハで演奏していたのかは分かりません。しかし、モノトーンの街並みの一角で、モノトーンの風景に溶け込むアートを作り出す一人であったことは確かです。


d0105068_133830.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-06-10 20:01 | EF24-70mm L USM
旅カメラとしてのDP2 Merrill
d0105068_104653.jpg
DP2Merrill 台場

 DP2 Merrillに限らず、DP1MerrillもDP3Merrillも同じだと思うのですが、現像してから絵を作り込むことができる点で、
他社のAPS-Cサイズのセンサー陣を大きく凌駕しています。

 どうしても解像力の凄さに目が行きがちなのですが、いじっても破綻しないコシのある描写です。

 大げさかもしれませんが、デジタルの新しい力を引き出したとさえ感じます。

 爽やかな青空の下、千葉館山に向けて出発です。












d0105068_1338451.jpg
DP2Merrill 東京湾アクアライン





















d0105068_15212337.jpg
DP2Merrill 木更津・宝家

 アクアラインを越え、木更津に到着。

 ご当地らしいものを食べたいという欲を抑えきれず、かき揚げのあるあさり膳を頂きます。

 駐車場が異常に広く、一体何ランドかとびっくりしたのですが、観光ツアーの団体さんが登場したのを見て納得です。

 老舗のお店らしく、大変賑わってました。










Where is a paradise?


d0105068_152499.jpg
DP2Merrill 南房パラダイス

 こちらは賑わってませんでした。

 通称・南パラ。

 でも温室で見る植物はどれも綺麗です。












d0105068_1054614.jpg
DP2Merrill 南房パラダイス

 今まで硬い風景ばかりを掲載してきましたが、動物の毛並みと柔らかい雰囲気も出せます。

 研究し尽くせない不思議なカメラです。








d0105068_10551851.jpg
DP2Merrill 館山市














DP2 Merrillは曇り空にも合う


d0105068_10555894.jpg
DP2Merrill 鋸南町

 雨の京都写真でもしっとりした光景が浮かび上がりましたが、晴れてないし風景写真にはどうかなという日でも面白い絵作りに貢献してくれます。

 「鋸山」という岩山の上から撮影でしたが、文字通りの断崖絶壁にあり、高所恐怖症の人は想像するだけで死んでしまいそうです。


【参考】 雨の京都写真
→ http://kozalog.exblog.jp/17569524/










d0105068_10472450.jpg
DP2Merrill 千葉県鋸南町

 宿泊したのは安房勝山の「紀伊乃國屋」という温泉宿です。

 色々な種類が楽しめる温泉の素晴らしさもさることながら、南房総の海の幸を生かした料理は絶品です。

 これぞ日本式旅館というべきおもてなしと、清潔さに満ちており、ぜひおすすめしたいお宿です。


■安房温泉 紀伊乃國屋
http://www.awa-kinokuniya.com/honkan/

■食べログ
http://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12019962/








東京湾を渡る


d0105068_11293413.jpg
DP2Merrill 東京湾フェリー

 東京湾フェリーに乗ったのは25年ぶりでしたが、港町の陰影を楽しみながら海を渡る楽しみは、アクアライン経由では楽しめません。













d0105068_10484644.jpg
DP2Merrill 横須賀市 戦艦「三笠」

 日本海海戦を戦った三笠の雄姿。マストの形状が帆船時代の軍艦の姿を残しています。

 アメリカ太平洋艦隊司令長官のニミッツ提督の呼びかけをきっかけに保存の機運が盛り上がり、廃墟同然の姿から見事に蘇りました。

 石炭から出る大量の黒煙をたなびかせながら鉛色の日本海を疾走する三笠の姿に思いを馳せます。
















d0105068_10503659.jpg
DP2Merrill 横浜ベイブリッジ















d0105068_10511184.jpg
DP2Merrill 大黒ジャンクション











d0105068_10565186.jpg
DP2Merrill 首都高速1号羽田線 大井

 一般的に旅に使いやすいのは35mm程度のやや広角気味のレンズだと言われていますし、実際その通りだと思います。

 ただ、画角が狭いとはいえ、ピンポイントに情景を切り取っていく、いわば俳句のような味わいを求める旅カメラとして私は非常に秀逸な機械だと思います。



d0105068_12225732.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-06-01 11:44 | DP2 Merrill
Planar45mmと犬島のスローなひととき
d0105068_1127361.jpg
CONTAX G2 + Planar T*45mm F2 犬島

CONTAX Gレンズの描写は大変にいいな~。フィルムっていいな~と思い返します。
瀬戸内海に浮かぶ小さな島・犬島でのスローな雰囲気にフィルムの描写はとても合っていました。

この棒アイスのお店の正体は「在本商店」というお店でして、雑貨も売っているしうどんも出してくれます。
こちらのブログに詳しいです。

kazumiの 行ってきました 在本商店(岡山県犬島)
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/blog-entry-43.html


お昼をどうしようか悩みまして、TREES 犬島店さんへ。
民家改造系のカフェでゆったりとした雰囲気ですが、オシャレなお店になっていて、
現代アートで話題の島に合っています。

TREES 犬島店
http://trees-inujima.com/
http://trees-inujima.blogspot.jp/





銅の精錬所跡地で有名な土地になりつつありますが、お立ち寄りの際には
港町ののどかな雰囲気を味わってみてはどうでしょうか。
懐かしい空気に出会えると思いますよ。


犬島のご案内
http://www.benesse-artsite.jp/inujima/



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-05-25 11:51 | Planar 45mm F2
DP2メリルで京都の紅葉を撮る
時系列は遡りますが、秋の京都もDP2 Merrillを生かす絶好の場になりました。

京都駅から天龍寺へ。



d0105068_034167.jpg









d0105068_04449.jpg









d0105068_0418100.jpg












d0105068_042812.jpg











d0105068_043712.jpg














d0105068_044739.jpg















d0105068_05418.jpg




d0105068_12225732.jpg

d0105068_1442110.jpg

[PR]
by vivid_bit | 2013-01-20 23:46 | DP2 Merrill
DP2 Merrillで京都を写す
大晦日の迫る京都の街をDP2 Merrillで撮り歩きました。

d0105068_21412529.jpg

当日はあいにくの雨。京都の人気店「出町 ふたば」で豆大福を買うべく道を急ぎます。

お店に着くと従業員総出で正月に向けての作業に追われていました。

おいしい豆大福を手に入れた後、バスで大徳寺へと向かいます。
















d0105068_21415123.jpg

観光客もほとんどいません。雨の日もいいものですね。

しっとりした雰囲気と、トーンをDP2Merrillは描写してくれます。

場所は変わって今宮神社へ。
















d0105068_21421770.jpg





















d0105068_21424328.jpg

佐々木酒造は、俳優の佐々木蔵之介さんのご実家だそうです。
















d0105068_2143620.jpg



















d0105068_21432758.jpg

金閣も雨で雰囲気が出ます。

ベタ過ぎて避けていた金閣寺ですが、このカメラのお蔭で非常に面白い絵が作れました。


















d0105068_21434779.jpg



















d0105068_2144637.jpg



















d0105068_21445685.jpg


DP2Merrillはかちっとした解像度の高いシーンを撮るのに適しているのではと思って購入したのですが、しっとりとしたシーンでも、これだけ面白い演出をしてくれるとは予想外でした。今後も活用してみたいと思います。




d0105068_12225732.jpg

d0105068_1442110.jpg

[PR]
by vivid_bit | 2013-01-05 21:45 | DP2 Merrill
直島の海と空と
 瀬戸内海ってこんなに落ち着く場所だったんですね。岡山県の直島の様子です。

 直島は、島ぐるみで現代芸術を扱っている場所として国際的に知名度が高まっており、海外旅行者向けの観光ガイドにも取り上げられています。現代芸術を生活の一部として取り込んだ形で、展示物や美術館があちこちに置かれており、島の雰囲気と実に合っています。

 この様子をコンタックスG2ビオゴン21ミリ で切り取っていくことにします。

d0105068_1826129.jpg
CONTAX G2 + Biogon T*21mm F2.8(以下同じ)

 代表例はこの草間彌生のカボチャでしょう。ご存じの方も多いのではないでしょうか? 直島の港に置かれたこのアートは色々な写真で使われていますね。

 このカボチャと青い海を、港の遠景が見える形でぜひビオゴンで撮りたいと思っていたので、まさに願いがかないました。

 ちなみに、パリのルイヴィトン本店のショーケースの中に、蝋人形のリアルな草間彌生を見たときはぞっとしましたね。




d0105068_1825625.jpg
 
 鮮やかな黄色と黒い水玉、そして青い海がマッチします。ビオゴン特有の周辺減光も非常にドラマチックです。この突き抜けるような青い空はまさにコンタックスブルーですね。リバーサルフィルムとレンズの濃厚な発色が、旅の記憶をかき立てます。




d0105068_1830869.jpg

 フェリーのマストが空の青さにマッチしています。

 乗ったのは至って普通のフェリーでしたが、外国人のツーリストが多く乗船していたことに驚きました。海外で大きく取り上げられているとよく分かります。






d0105068_18314052.jpg


 李禹煥美術館の入り口にて。暑すぎて人がいません。真夏に行ったのですが、灼熱ともいえるほど過酷な日でした。

 ただ、人混みの中では美しさが分からない作品と言えるでしょう。大きな岩との配置が絶妙です。





d0105068_1832795.jpg
 ここまでは無料で入ることができます。

 直島は行ってみないとこの良さは分かりません。写真だけでは表現できないところにこそ現代芸術の今の姿があります。機会があればぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。



関連記事


 都内美術館で撮影したCONTAX G2の写真を掲載しましたのでこちらもご覧下さい。

ビオゴン21mmF2.8の写真はこちらからどうぞ。繊細な描写と色合いに惚れますね。

[PR]
by vivid_bit | 2011-08-29 22:51 | Biogon 21mm F2.8
汐留の近未来風景
EOS 5D
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical [IF]
東京汐留・日本テレビ本社ビル前

d0105068_22274825.jpg


HDR画像作成ソフト「Photomatix Pro 3.0」で、明度差の大きい被写体を一つにまとめてみました。

本来このように厳しい逆光のある被写体では、中間的な部分が飛んでしまうところですが、ビルの色合いや隣のビルから反射した微妙な色合いがうまく表現できています。三脚は使っていませんが、ブレ具合も見られず問題ないですね。

下に振って撮るとこんな感じです。
d0105068_2231516.jpg

地表を平面が行き来する様子もこのように表現できています。新たな表現領域が広がったという印象を受けますね。


d0105068_22481055.jpg

横位置にするとCGで造ったような印象が増します。目で見る世界と違い、嘘くささが増すからですかね。

今回の使用ソフト「Photomatix Pro 3.0」は、Zorg会員(無料)になると格安で購入することができますが、キャンペーンは今月末までですので興味のある方はお急ぎ下さい。
http://www.zorg.com/store/products/photomatix/




にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ / にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2008-10-27 22:40 | SP AF17-35mm F/2.8-4


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ