<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
世界遺産・カルカソンヌの城塞を、XF18mmF2Rで撮ってから死ぬ
 「カルカソンヌを見てから死ね(カルカソンヌを見ずして死ぬなかれ)」

 こういう言葉がフランスにあると聞きます。X-Pro1のビューファインダー越しにその城塞を見た私は、もう死んでも良いのかもしれせん。ただ、この世への最後の土産としてXF18mmF2 が写し出す風景を残さずにはいられません。

 フランス南西部の都市・トゥールーズからTGVで40分ほどの場所に、巨大な城塞に囲まれた街・カルカソンヌがあります。このカルカソンヌには、ヨーロッパ最大級の巨大な城塞があり、その城の中に街が広がっています。

 日没前の様子はまたの機会にご紹介するとして、今回は高感度に強いX-Pro1XF18mmF2Rを片手に夜のカルカソンヌを冒険してみようと思います。


d0105068_1754214.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ シテ

 富士フイルムXFシリーズ(Xシリーズ)のレンズではXF35mmF1.4Rへの評価の声が高いと聞きますが、XF18mmF2R もなかなかの実力です。

 F2開放でこのシャープさです。壁の陰影がリアルに伝わってきます。夜間手持ちで撮影しようとすると、どうしても開放で撮るしかないと思う瞬間があります。そういうときに開放からシャープなXF18mmが実力を発揮してくれます。

 画角的にもそうなのですが、画質的にもスナップに向いてますね。先日は料理の写真を上げましたが、近接撮影よりは、少し距離を置いてスナップ的に撮る方が合っている気がします。




d0105068_1532632.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ シテ外壁

 小高い丘の上に作られたカルカソンヌの城塞(シテ)へは二通りのルートがあります。あまり観光客のいない方の城門へは急坂を登る必要があるのですが、新市街からのアプローチはこちらの方が近いです。

 坂を登っていくと、城壁のそばで外国人男性が三脚を立てて撮影していました。見るからに実力のありそうな風貌の男性でしたが、その手元にはMade in JapanのX-Pro1があったのです。

 富士フイルムのカメラを購入したのは、"クリップ・イット"DS-20という35万画素(DP2 Merrillの100分の1以下)というカンブリア紀の化石のようなカメラ以来となりますが、時代に逆らってフィルムを愛用している者としては富士フイルムというブランドには並々ならぬ愛着があります。フランスの片田舎で富士フイルムの雄志が見られるのは嬉しいですね。




d0105068_1523163.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ サン=ナゼール大聖堂

 夜も更け、シテ内にあるサン=ナゼール大聖堂入口には人がいません。

 これだけ暗い中、低ノイズで撮影できるX-Pro1の実力には頭が下がります。一眼レフと違って手軽に持ち歩けて、かつ色彩も綺麗で、暗いところにも強く、マクロも撮れてという選択肢で考えていたので、このカメラはニーズに沿った実力を発揮してくれます。

 聖堂の中の様子をSummilux 35mm F1.4 で撮影しましたので、こちら もご覧下さい。




d0105068_1525237.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ シテ

 石畳にナトリウム灯の明かりが反射して、美しい陰影を見て取ることができます。その描写も、甘さを感じるほどにしっとりというほどでもなく、ガチガチに硬いわけでもなく、ちょうどいいバランスという印象です。

 光源も綺麗に描写してますし高い実力のあるレンズだと感じますね。

 手持ちのライカMマウントレンズはそれほど多くないのですが、THE・オールドレンズというものを持っていくと、レンズの個性ばかりが目立ちすぎる場合があるので、これだけニュートラルな方が絵作りに集中できるところがあります。


d0105068_153494.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ 城外

 こちらの一枚だけはカラーで。看板の四隅に放たれる影と色彩、なだらかなグラデーションが気持ちがいいです。

 いかにもカルカソンヌらしい風景は、今回の記事には無かったのですが、今後必ず載せたいと思ってます。

 今週末には、この旅でとても印象的だった街・ボルドーから夕暮れの写真を掲載いたします。お楽しみに。

 (フジノンレンズ XF18mmF2 Rの写真は続々増殖中です。この記事以外にこちらもご覧下さい。)


d0105068_23193798.jpg

d0105068_23505111.jpg






[PR]
by vivid_bit | 2013-10-31 20:14 | XF18mmF2 R
ツァイスレンズで、フランス・サルラの街を切り取る(その2)
 前回の記事の続きです。バリオゾナー80-200mmを持ち出して、フランス南西部アキテーヌ地域圏の街・サルラ(サルラ=ラ=カネダ)を旅します。

(フランス・サルラの写真を全6回に渡って特集しています。→ サルラ  )

 フランスには、フランスの歴史的・文化的の文化財を保護し、不動産の修繕を促進する通称・マルロー法という法律が1962年に制定されており、旧市街地の保護、修復、利用を促進する役割を果たしました。このマルロー法の適用第一号となったのがこの街・サルラだったのです。

d0105068_03416.jpg
Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 (MM) フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda (以下全て同じ)






d0105068_8254138.jpg

 日本で言うところの鎌倉時代の頃から教会の司教区に属し、戦乱をくぐり抜けながら発展してきた街ですが、フランス革命によって司教区が廃止されてからは、この街の独自性も薄れ、歴史の波からは取り残されていったそうです。

 逆に今では古い街並みと伝統の食文化が残っていたことで、新たな魅力が発見され、観光で大いに栄えることとなったというのは皮肉なものです。


d0105068_827761.jpg
 この地域は第1次大戦時も、第2次大戦時も戦線からは遠く、そのままの街並みが綺麗に残っています。もしスペインが枢軸国に加わっていたら、スペインに上陸した連合軍がフランス方面へ押し寄せ、この地域も戦火に巻き込まれたかもしれません。逆にスペインが連合国に加わっていたら、ドイツ軍と連合国との間でフランス南西部で激戦が展開されていたことでしょう。

 こうした街並みを見ること一つを取ってみるだけで、歴史というものの大きさを感じます。


d0105068_829583.jpg
 フランス南西部の町をいくつか回りましたが、どの街に行ってもピザ屋が繁盛しています。特にこの店はホテルのオーナーからもお薦めされた店でして、この街では一番のピザ屋なのかもしれません。
d0105068_23331614.jpg


d0105068_23364824.jpg


d0105068_826213.jpg

 ただの路地すらも美しく、何時間歩いても飽きません。狭い路地が延々と続く町ですが、写真を撮るには最高のシチュエーションです。旧市街地は車の進入ができないため、お店は堂々とテーブルを出し、歩行者は車を気にせず、街中を歩き回れます。

 パリで写真を撮ろうとすると、通りが大きすぎて車が目立ち、あまり面白い写真は撮れませんでした。逆にサルラは人が歩くのに絶妙な路地の広さで、ナトリウムランプで照らされた夜の路地も実に絵になります。


d0105068_8244142.jpg

 このポスターは何なんだろうと今更ながら思い返し、調べて見ると、"Sarlat vue du CIEL"とは「空からサルラ」という意味で、聖マリア教会の屋上まで360度シースルーのエレベーター方式で上がり、そこから眺めを楽しむ施設だったようです。下からはただの教会にしか見えないので、こんな設備があるとは知りませんでした。

 このサルラでは小売店でもしっかりお昼休みを取ります。12時から14時までは土産物店も閉まってしまうので、この従業員の方も長いお昼を楽しんでいるのかもしれませんね。

 今回ブログで取り上げているのはまだ一都市(サルラ)だけでして、まだまだ大量の写真があります。今後も掲載していくのでぜひご期待下さい。

d0105068_02274528.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ

[PR]
by vivid_bit | 2013-10-27 13:05 | Vario-Sonnar80-200mm
ツァイスレンズで、フランス・サルラの街を切り取る
 古くからカメラを持っている人の間では「カールツァイス」という言葉が、独特なブランド感を持っていることはご存知のことでしょう。そのツァイスと非常に密接な関係にあったマシンが、日本の京セラが産み出した一眼レフカメラCONTAXシリーズです。私も散々CONTAX G2CONTAX T3 の写真を取り上げていますが、やはり大本はこのシリーズと言うべきでしょう。

 ちなみに、今になってCONTAX Aria の人気が再燃しているようです。このコンパクトに整ったデザインは「いかにもカメラらしい」という佇まいと、レトロなかわいさが両立していて実に見事だと思っています。私がこのカメラに手を出したのは、このデザインがあったからに他なりません(シャッター音だけは気にくわないのですが)。残念ながらCONTAX Ariaは、このミディピレネーの旅ではお休みしていたのですが、近くに軽くお出かけするにはとても良いカメラだと思います。

 さて、今回の旅では、メイン機のEOS 5D MarkIIにアダプタを介して接続する形で、一眼レフCONTAX向けのカールツァイスレンズを持参しました。カールツァイスのブランドネームが振られたレンズは今も次々に発売されていますが、私が持っているのはマニュアル機だったCONTAXシリーズ向けのものなので、EOS 5Dに付けてもオートフォーカスは効きません。しかし、のんびりした街中で撮るのに、零コンマ何秒というキビキビとしたオートフォーカスは必要なく、むしろ街の雰囲気にはマッチしていたように思います。

 今回取り上げるVario-Sonnar(バリオゾナー) T* 80-200mm F4という望遠レンズは、決して高価ではなく、むしろ私が持っているレンズの中で、1位、2位を争う安さでした(中古価格)。ところが到底そう思えないいい写りを見せてくれます。このレンズを持って、これまでご紹介しているフランス南西部の美しい街「サルラ」(サルラ=ラ=カネダ)を旅します。


d0105068_23395821.jpg
Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 (MM) フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 午前中のきりっとした光の中で、あたかもセットなのではないかというぐらいに整った写りを見せてくれます。コントラストもしっかりしていて、色の乗りも良く、最近発売されたレンズなのではないか……というぐらいに、とても現代的な写りをしてくれます。後で写真を見たときに、本当にこのレンズで撮ったんだっけと調べ直したぐらいです。

 メニューはこの地方に典型的な並び方になってますすね。



d0105068_2341380.jpg

 この写真では多少距離を取っていますが、最短撮影距離が1mであり望遠200mm端ではマクロ的な撮影もできます。かなり模型チックなボケ方になり非常に面白い描写ですので、また別の機会にご紹介したいですね。


d0105068_23353086.jpg



d0105068_23382469.jpg

 とても素直なボケを見せてくれる富士フイルムのXF35mmF1.4R とは違って、こちらはさすがにクラシカルなボケですね。ただこれはこれで味があっていいわけです。




d0105068_8305285.jpg

 絞ると非常にシャープです。石造りの街並みにも似合う描写を見せてくれます。一昔のレンズであったことを忘れさせますね。さすがはカールツァイスです。




d0105068_2359973.jpg



d0105068_23571783.jpg

 トンネル状になった通路の先に素敵なレストランが広がっています。サルラにはこのような場所がたくさんあって、どこを歩いていても切り取りたい空間に出くわします。

 闇の向こうに広がる赤色が眩しく、ツァイスらしいしっかりした写りがたまりません。それでいて廉価版のAFズームレンズを使うよりずっと安いのですから、少し上を目指したい人にぜひお勧めしたいレンズです。

 今まで旅先には望遠ズームレンズを持っていっていなかったのですが、このレンズによって改めて、旅先で撮れる幅の広がりというものを認識させられました。

 まだこのレンズの作品は載せていきますので今後の更新をご期待下さい。


d0105068_02274528.jpg


[PR]
by vivid_bit | 2013-10-25 20:12 | Vario-Sonnar80-200mm
料理を楽しむフランス・サルラ旅行記(X-Pro1レビュー編その2)
 次は一転してディナーへ。すでにご紹介の通り夜のフランス南西部の街・サルラは非常に雰囲気が良く、この街並を眺めながらのディナーは最高です。

※ランチ編はこちらへ。

d0105068_1842411.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 9月のフランスは、サマータイムの関係で日没は20時頃です。完全に暗くなる前からディナーの時間は始まっています。


d0105068_1848176.jpg
             FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R (F2.2)

 レストランへ行く道すがらスナップを。XF35mmF1.4が古風な街並を描き出します。


d0105068_18505751.jpg
             FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R (F1.6)

 絞り環が微妙に固いせいか、データで見直すと完全な開放ではなかったのですが、それでもふわっとした描写が見て取れます。

 写真好きの心を理解した上で設計されたレンズなんでしょうね。このXシリーズを代表する一本なだけあり、非常に面白いレンズと言えます。


d0105068_1858303.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R

 日が暮れてくる中、旧市街の真ん中で頂く料理とお酒はたまらないものがあります。ちょうどこの頃の東京は蒸し暑さ全開の季節に当たります。気候の違いがいかに残酷かと思わざるを得ません。

 そして薄暗い時間帯に色彩豊かに街の表情を見せてくれるX-Pro1の力に脱帽です。夕暮れ時の太陽光が大気上層のオゾンを発光させ、見事な青色を見せてくれています。この色合いが美しく撮れています。

 お腹が減ってきましたので、ホテルのオーナーに教えて頂いた店その2の「Le Petit Manoir à Sarlat」に向かいます。このお店はトリップアドバイザーの「Certificate of Excellence 2013」に選ばれており、雰囲気も高級感が漂っています。田舎風ビストロという雰囲気のお店が多いサルラの中で、モダンな高級感は群を抜いています。


Le Petit Manoir (ル・プティ・マノワール)へ


d0105068_18592792.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R

 フォアグラのテリーヌとクリームブリュレ状にしたポタージュの前菜です。見栄えもなかなか素敵ですね。ここからして、腕の違いを見せつけられました。シェフはなかなかの実力者のようです。

 他にもバゲットの上にオリーブオイルで味を整えたフォアグラのテリーヌの料理もあるようで、こちらはなかなか豪快でした。




d0105068_152544.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R

 子牛の胸腺と地元のキノコ、自家製ラビオリを添えた料理です。

 鰹のたたきみたいな仕上がりは予想外でしたが、野菜の甘みとのマッチングが絶妙で、重い肉料理に飽きた胃には最高の一品でしたね。和食のようなあっさりしたおいしさのある料理です。

 他のテーブルを見ると、細い平面のパスタの上に地場の鶏肉のグリルを乗せ、塩と胡椒で力強く味付けしたものもありました。緩急を使い分けてみても良さそうです。



d0105068_18595552.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R

 デザートはチョコレートを使ったケーキです。甘すぎず、少しビターな非常に大人な味わいでした。品があって素晴らしい一品です。

 余韻を楽しみながらウェイターさんと話をしていると、実はこのお店のシェフは日本で修行したことがあるとこと。このウェイターさんがお店に置いてあるものだとして「健康十訓」が書かれた皿を見せてくれました。「少肉多菜」「少糖多果」など健康にまつわるルールが書かれていたのですが、確かにこのお店の料理はこのコンセプト通りです。

 フランスで日本料理の精神に出会えて大満足の夜でした。

Le Petit Manoir
13 rue de la republique, 24200 Sarlat-la-Caneda, France
http://www.lepetitmanoir-sarlat.com/lepetitmanoir-sarlat/Accueil.html


その他の聞きかじりおすすめレストラン


街の外れ、駅との途中にある高級店。ミシュラン一つ星。徒歩だときついかも。

あえてのピザ。しかしながら雰囲気があって、ホテルの方もおすすめとのこと。


サルラの料理はこちらの記事でも取り上げています。ぜひご覧下さい!


d0105068_02274528.jpg
d0105068_23193798.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ

[PR]
by vivid_bit | 2013-10-20 15:59 | XF18mmF2 R
料理を楽しむフランス・サルラ旅行記(X-Pro1レビュー編)
(フランス・サルラの写真を全6回に渡って特集しています。→ サルラ  )

 この旅行に先立って富士フイルムX-Pro1を購入しました。このカメラは富士フイルムXシリーズ(X-E2、X-E1、X-M1、X-A1)を代表する機種で、光学ファインダーを使った撮影ができる非常に優れた機構を持っています。

 折しも昨日X-E2の発売が発表されていますが、向こうは光学ファインダー無しのモデルで、多少使い勝手が違います。やはりCONTAX G2の使い勝手に慣れている自分としては、X-Pro1に手が伸びましたね。

 前々から気になっていたわけですが、旅行を機についに手に入れたこのX-Pro1。フランス南西部・サルラ(サルラ=ラ=カネダ)のおいしいレストランでその実力をテストしてみます。

※サルラのおいしいお店は、この特集の端々に出てきますので、他の記事もぜひご覧下さい

d0105068_1532141.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mm F1.4R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 「La Rapiere」という地元の伝統料理が中心にお店でランチを頂きます。

 ジューシーでとても大きな牛ステーキの上には伝統的なソースがかかり、少し田舎くさい献立ながらも盛りつけの美しさが際立っています。肉の味わいは絶品で、素朴ながらも繊細な味わいが魅力的でした。さすが食材の街です。

 このお店はホテルのオーナーがお薦めしてくれたレストランでして、前菜・メイン・デザートのミニコースが16ユーロと非常にリーズナブルです。非常に独創的な料理を出すわけではないですが、ツーリストが代表的なこの地の料理を楽しむのにはいいのかなと思います。

 さてこの写真はというと、ソースの立体感が非常に美しく、ボケも自然で非常においしそうな描写です。手持ちのいい加減な撮り方をしていますが、それでこの描写とは恐れ入ります。


d0105068_15522463.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mm F1.4R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 順番は前後してしまうのですが、こちらが前菜です。ニンジンのサラダに、フォアグラのテリーヌを頂きます。フォアグラは重厚なハム感覚で、どのお店でも前菜に出てきます。日本では臭みのあるフォアグラに時々出くわしますが、全くそのようなものはありません。

 少し開いて撮ってみましたが、皿の映り込みもふんわりしていて美しいです。


d0105068_15552587.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mm F1.4R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 バスサミコの少し酸っぱい味わいが新鮮な野菜に絶妙にマッチしています。これだけの観光地ですから、田舎町の俗な食堂に成り下がりそうなところを、洗練されたデザインで出してくるフランスのお店の奥深さに頭が下がります。

 そしてこの描写。マクロレンズでないのにこれだけ寄れて、ボケも丸くきれいでとてもナチュラルです。F2.2なので少しふわっとしたところがありますが、おかしな印象は無いですね。NOKTON50mm F1.5とは違って極めて現代的で、優等生なんですが、嫌みな感じが無いバランスの取れたレンズだと思います。


d0105068_1615933.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mm F1.4R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 最後のデザートは微妙でした(笑)

 甘くないクリーミーなソースがかかっているケーキです。やる気が無くてこの写真はいい加減に……。

 いきなりマクロな撮影からご紹介したX-Pro1ですが、XF35mmF1.4 Rの描写力が素晴らしく、料理をおいしく見せてくれる強い武器になってくれました。

 料理など近くのものを撮影するのにライカは不利です。味わい深い絵を残してくれるDP2 Merrillも、色表現の点で料理向きとは少し言いがたいところがあります。その点でX-Pro1の方がスナップにも良く、夜景も得意で、料理も美しく撮れるので、旅行に適したカメラなのかもしれません。

 明日はディナー編を掲載しますのでお楽しみに。



(続く)



d0105068_02274528.jpg

d0105068_23193798.jpg


[PR]
by vivid_bit | 2013-10-19 16:18 | XF35mmF1.4 R
食材の宝庫! 料理を楽しむフランス南西部旅行記
(フランス・サルラの写真を全6回に渡って特集しています。→ サルラ  )

 東京赤坂にあるビストロ「コム・ア・ラ・メゾン」は、東京の老舗ビストロとして雑誌でも度々取り上げられる存在です。先日このお店にお邪魔して驚いたのは、料理もお酒もフランス南西部のものに限定していたことです。

 フランス南西部地方は、食材の宝庫とされ、フォアグラやトリュフの産地でもあります。

 旅で立ち寄ったサルラという街は、まさにその産地の真ん中にあり、路地にたくさんのフォアグラ屋さんが並んでいます。そう「コム・ア・ラ・メゾン」のシェフもサルラを訪れ、トリュフ祭を堪能したとか。サルラ話で大いに盛り上がりました。このアットホームな感じがこのお店の魅力ですね。


d0105068_1845955.jpg
LeicaM9 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 さて、そのサルラの真ん中には教会があるのですが、特産品を扱う常設マルシェとなっています。どれもおいしそうでつい手が伸びそうになります。

 サルラに来る前に周辺の農地にも足を運んだのですが、広大な畑ではイチゴやクルミが収穫されていました。農業の豊かな地域だから料理もおいしいんでしょうね。

 マルシェには置いてないですが、この地域はタバコの産地でもあるそうです。



d0105068_125129.jpg
Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4

 果物も絵になりますよね。

 前から持っていたのですが、本ブログ初登場のCarl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 で撮影しました。最短距離近くのしっとり、ふわっとした描写がたまらないです。

 海外旅行に持って行くのは初めてのレンズではありましたが、望遠があるとさらに表現の幅が広がります。

 この果物は上のマルシェではなくPetit Casinoという昨今フランスでも増えているコンビニ(ミニスーパー)の店頭にあったものなのですが、コンビニなのになぜかオシャレというのがさすがのフランスクオリティです。

 お店が閉まるのが早いですけどね(苦笑)


d0105068_11584240.jpg
]Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4





d0105068_1210392.jpg
]Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4

 そしてフォアグラをこよなく愛する街にはあちこちでガチョウがお休みしてます(笑)




d0105068_18394713.jpg
LeicaM9 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical

 レストランの看板も雰囲気があります。さすがは中世の街ですね。

 地元特産の料理が多いのですが、前菜+メイン+デザートで20ユーロぐらいの安めのコースが用意されていて、手軽に色々な料理が楽しめます。

 ただ全部フランス語なんですよね(笑) 慣れると大体分かってきますが。

 こちらはNOKTON 50mm F1.5 (コシナが生産した初代の方)ですが、背景が大きくボケつつ少しぞわぞわした感じがクラシカルで、この風景にも合っていますね。



d0105068_19264199.jpg
LeicaM9 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical

 この街で一番派手な店かも……。

 でもシャレてますね。現代的なセンスを持ったお店も多くて、さすがフランスだなと感心しました。





d0105068_137579.jpg
LeicaM9 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical

 古風なお店なのにランチョンマットやナプキンの色が現代的だったりするんですよね。

 パリやボルドーのお店でランチョンマットを見てみたのですが、非常にお安い値段で売っていて(全く同じものが三越や伊勢丹に置いてあって、数倍の値段がついていました)、日常大いに使われているんだなと感じました。



d0105068_1353390.jpg
LeicaM9 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical

 こちらはもっと古い造りの建物の中で営業しています。素敵なお店です。



 (つづく)



d0105068_02274528.jpg

[PR]
by vivid_bit | 2013-10-15 10:32 | NOKTON50mm F1.5
フランスの最も美しい村へ 写真で楽しむフランス旅行記
 フランスの片田舎には大変美しい村が点在しており、「フランスの最も美しい村」という審査・認定制度があるほどです。

 「フランスの最も美しい村」に認定された村やその周辺の美しい地域を巡り、その景色と風土を紹介したいと思います。


d0105068_93120.jpg
DP2Merrill フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 サルラ( Sarlat-la-Caneda )の存在は日本ではあまり知られていませんが、ボルドー( Bordeaux )とトゥールーズ( Toulouse )の間にある中世の街並みを残した美しい街です。フランスでもいち早く景観保護がなされたとのことで、旧市街には歴史ある重厚な建物が密集しています。

 それなりの人口がいる街のため、「美しい村」には認定されていないものの、旧市街地の重厚な建物と、特産品で潤う街の様子は、ミディピレネーでも指折りの存在感があります。

Fond de carte du relief de Sarlat-la-Canéda petit format 位置的にはフランス南西部の少し丘陵の多い地域になりますが、第一次世界大戦においては戦線からも遠く、第二次世界大戦ではビシーフランスの統治下にあったことから、これもまた戦火からも免れ、多くの美しい街並みがそのまま残されることになりました。 (地図出典:CartesFrance.fr)


 街の端から端まで歩いても徒歩10分ほどという小さな街ですが、美しい景観に加えてフォアグラの産地ということもあり、多くの観光客で賑わっています。どこのこれだけの観光客を収容できる建物があるのだろうと思うほどです。ちなみに欧米の中高年の方が多く、アジア系の方はほとんど見かけません。

 重厚な建物にDP2 Merrillの描写がマッチします。いつまでも見ていたい光景をありのままに、雰囲気を演出して描写してくれます。



d0105068_857417.jpg
DP2Merrill F8.0 1/400秒 ISO400

 朝の風景と中世風の街並が調和しています。劇画かのような眺めですね。



 一転こちらは夜の風景。

d0105068_2334788.jpg
Canon EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM

 黄色い照明が、夕暮れ時の青い光に包まれたこの街並に映えます。ここはEOS 5D MarkIIで撮影したので、上二つとはちょっと雰囲気が違いますね。

 どんなところでも安定感のある絵を作り出してくれるEOS 5D MarkIIは、自分にとって欠かせない相棒です。


d0105068_1172029.jpg
Canon EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM

 街全体が中世のような雰囲気ですが、お土産物屋さんやレストランがとても多く、その店舗はいずれもオシャレで、とても絵になります。サルラという街は、ガイドブックに大きくは取り上げられていないのですが、街全体がテーマパークのような魅力があり、今後大手旅行会社のツアーに組み込まれて人気を増していきそうな気がします。



d0105068_1175020.jpg
Canon EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM






d0105068_1348462.jpg
Canon EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM

 旅慣れた人々が思い思いに夜の空気とおいしい料理を楽しむ光景は、豊かな時の過ごし方というものを教えてくれます。

 ということで今後の更新をお楽しみに。



d0105068_02274528.jpg

[PR]
by vivid_bit | 2013-10-01 09:03 | DP2 Merrill


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ