<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
中世の街プラハ、モノトーンの世界を旅して
チェコ共和国の首都プラハ。中世の雰囲気を色濃く残すこの街ですが、1600年代以降はヨーロッパの政治・文化・芸術の本流からは外れていました。

皮肉なことに大国の中心地で無くなったことで、以後の独仏、独ソの係争の中心からも外れ、第二次世界大戦においても、ソ連軍総反攻の主方向に当たることなく、ケーニヒスベルク(カリーニングラード)のように美しい町並みが根こそぎ破壊される事態を避けることができました。


d0105068_043518.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

プラハは本屋の街でもあります。古本やアンティーク品を扱うお店も多く、枯れた雰囲気のあるお店が多く存在します。

キヤノンEOS 5D MarkIIと24-70mmLが、街のスナップであっても小物の撮影であっても汎用的かつ安定的にこなしてくれます。このコンビは大量に撮影したいときのメイン機材として活躍してくれているのですが、やはりケチのつけようの無い品質です。かなり時間の無い旅だったのですが、滞在中もトラブルフリーでした。



d0105068_2339224.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM


d0105068_0421888.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

街を歩いて楽しかったのはパリよりもプラハでした。市街地はどれもこの写真のように雰囲気があり、その陰影はどれもドラマチックです。

落ち着いた路地に見えるタトゥー屋の看板。少しアンダーグラウンドの香りが漂う空気の中で、痩せた犬が徘徊する景色は何とも不気味です。




d0105068_0432924.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

プラハの天文時計は、プラハの中でも一、二を争う名所です。からくり時計が起動するのを目当てに毎正時に多くの観光客が集まってきますが、室町時代の頃から設置されているこの時計の歴史からすれば、からくり時計の機能が加わったのはつい最近とも言って良いぐらいです。

中世においては正確な機構により時を刻む時計こそがサイエンスの象徴であり、最新鋭の機械でした。ヨーロッパの中心で時代の先を進んでいたモニュメントが、今では中世の趣を残すノスタルジックな場所になっているのは興味深いところです。

渋谷駅前のスクランブルと巨大ビジョンをそのまま300年残したら、きっと巨大なハードウェアで最新情報を得ることがなくなった未来の人には最高の遺物として目に映るのでしょう。

モノトーンで色彩を捨象し、シンプルに見える世界でこそ、歴史を見てきたモニュメントの持つ重みがより一層伝わってくるように感じます。


d0105068_12481.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

パリの地下鉄の車両の中で、お金をせびる大道芸人に出くわしたとき、演奏の押し売りをしている癖になんて厚かましい人間なんだと呆れると同時に、日本の公共空間のクリーンさに改めて気づかされました。

一方、プラハも大道芸人は多く、観光名所で演奏をする人も多いのですが、「大道芸人」と言うには申し訳ないほど、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれる人が多いことに驚きました。街の雰囲気にふさわしい「アート」がそこにはありました。多くの観光客もそのことに気づいたのでしょう。街角のカフェの一角には演奏に聴き入る聴衆の人だかりができていました。

彼女は何を思ってプラハで演奏していたのかは分かりません。しかし、モノトーンの街並みの一角で、モノトーンの風景に溶け込むアートを作り出す一人であったことは確かです。


d0105068_133830.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-06-10 20:01 | EF24-70mm L USM
SPPで編集するモノクロの世界
SIGMA DP2 Merrillのモノクローム描写に、改めて唸らされました。

このシリーズは独特の色表現が特徴的ですが、FoveonX3の特性もあって、モノクロームの表現力もまた優れています。

昨今、現像ソフト「SPP」のバージョンアップにより、モノクロームの新たな楽しみがもたらされました。

d0105068_1223019.jpg

有楽町











d0105068_11463577.jpg


レンゾ・ピアノが設計したメゾン・エルメスはいつ見ても飽きない建物です。428mm角のガラスブロックが無限の如く天に向かって連なっています。モノクロで写し出されるシンプルな幾何学的な模様を、力強く描写できるのはこの圧倒的な解像力のおかげでしょう。

ちょっと眩しいようなそんな描写を出しつつ、シャドウを落としたコントラストの強いトーンも思いのままに表現できますね。

怖いぐらいの立体感がありますが、このような人工物に特に向いているカメラなのではと思います。モノクロでもそのイメージは変わらないですね。











d0105068_115609.jpg

先日の写真とは別カットで。

シグマの超高解像カメラなどと聞いたらボケはどうなんだと言われそうですが、このボケも悪くないんです。











d0105068_1203019.jpg




















d0105068_11532141.jpg

Adobe Photoshop Lightroomでトーンカーブを調整しています。人影を背景から分離させつつ、新幹線を適度な明度で仕上げるためにはSPPだとちょっと難しいところがあります。

これだけ解像力があってクッキリハッキリのモノクロームにすると、イラストのような人工的な印象がしてきますが、ノイズを乗せることでまた自然な雰囲気も出てきます。

撮ったものをレタッチしながら、今まで以上にDP2 Merrillで撮られた絵の面白さを感じてきました。コントラストのはっきりした絵的な表現もできますし、スナップらしい自然な描写ももちろん得意です。

これだけの解像力があると、岩肌や森の葉、高いところからの街の情景など、ちょっとザワザワした風景を撮りたくなるところですが、普通に使って力を発揮できるということを忘れてはいけないですね。



d0105068_12225732.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-06-09 12:00 | DP2 Merrill
銀座の街をSIGMA DPで写し取る
 写真好きにとって日常生活最大の問題は、今日どのカメラを持って出かけるかという点なのではないでしょうか。

 「髪を切りに出かけて、その後に何もすることは無いが、気になる風景でもあればスナップ写真でも撮ってみようか」と思うとき、何を持ち出すべきか。

 Leicaのデジタルかアナログか。くっきりした空の下ならCONTAX G2と広角レンズの組み合わせもいいなと思うところですが、今日はまだまだ奥深くてつかみきれないDP2 Merrillを持ち出すことにしました。

d0105068_1562638.jpg
DP2 Merrill 銀座

 幾何学的なつながりを見せるガラスの表現が印象的。








d0105068_23141043.jpg
銀座・数寄屋橋

 日陰に咲くアジサイの、しっとりした色合いもドライになりすぎず、ほどよく表現できます。















d0105068_23243896.jpg
銀座・熊本館

 熊本といったらくまモンです。

 ただ、くまモンに熱中するのは分かりますが、熊本県外では銀座・熊本館でしか手に入らない幻の焼酎「待宵」を買うのをお勧めします。

 ということで適当な一枚。







d0105068_23252375.jpg
有楽町









d0105068_23255116.jpg
有楽町









d0105068_2327765.jpg
丸の内仲通り

 丸の内仲通りには必ず珍しい車が止まっているので思わずのぞき込んでしまいます。

 先日はゲームの世界でしか見たことが無いTVRタスカンスピード6という車が普通に止まっていて仰け反りました。

 クラシックな車とクラシックな建物の組み合わせにはライカかなと思いつつも、自分の意図以上の絵を送り出してくるDP2 Merrillにのめり込んでいる自分がいます。







d0105068_23264961.jpg
丸の内仲通り
 旧miniぐらいだと珍しくなくなるのが、丸の内の恐ろしいところです。

 それいったらポルシェも4台ぐらい見ましたけどね……。















d0105068_23301230.jpg

 文字の表面の鈍い輝きを正確に表現しつつ、銅板の地の凹凸を絶妙に表現してくれます。

 とんでもない曲者カメラのように表現されることも多いこのカメラですが、普通の場面の普通のスナップで、普通に力を発揮してくれることは言うまでもありません。








d0105068_8535046.jpg
ザ・ペニンシュラ東京
 ホテルの裏にはこんな素敵な車両が眠っていました。係員がシャッターを下ろし、一日の仕事を終えようとしています。

 髪切りついでというひどいシチュエーションで、ほぼスマホのようにお気楽感覚で撮ってこのクオリティです。ちょっと次元を超えた機材と言えるでしょう。

 また撮影後に、何度も試行錯誤しながら絵作りを楽しめるのが望外のメリットです。

 写真に慣れた人だけでなく、ワンステップ上を目指したい方のサブ機にも向いている気がしますね。


■こちらもどうぞ
旅カメラとしてのDP2 Merrill


d0105068_12225732.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-06-03 21:35 | DP2 Merrill
旅カメラとしてのDP2 Merrill
d0105068_104653.jpg
DP2Merrill 台場

 DP2 Merrillに限らず、DP1MerrillもDP3Merrillも同じだと思うのですが、現像してから絵を作り込むことができる点で、
他社のAPS-Cサイズのセンサー陣を大きく凌駕しています。

 どうしても解像力の凄さに目が行きがちなのですが、いじっても破綻しないコシのある描写です。

 大げさかもしれませんが、デジタルの新しい力を引き出したとさえ感じます。

 爽やかな青空の下、千葉館山に向けて出発です。












d0105068_1338451.jpg
DP2Merrill 東京湾アクアライン





















d0105068_15212337.jpg
DP2Merrill 木更津・宝家

 アクアラインを越え、木更津に到着。

 ご当地らしいものを食べたいという欲を抑えきれず、かき揚げのあるあさり膳を頂きます。

 駐車場が異常に広く、一体何ランドかとびっくりしたのですが、観光ツアーの団体さんが登場したのを見て納得です。

 老舗のお店らしく、大変賑わってました。










Where is a paradise?


d0105068_152499.jpg
DP2Merrill 南房パラダイス

 こちらは賑わってませんでした。

 通称・南パラ。

 でも温室で見る植物はどれも綺麗です。












d0105068_1054614.jpg
DP2Merrill 南房パラダイス

 今まで硬い風景ばかりを掲載してきましたが、動物の毛並みと柔らかい雰囲気も出せます。

 研究し尽くせない不思議なカメラです。








d0105068_10551851.jpg
DP2Merrill 館山市














DP2 Merrillは曇り空にも合う


d0105068_10555894.jpg
DP2Merrill 鋸南町

 雨の京都写真でもしっとりした光景が浮かび上がりましたが、晴れてないし風景写真にはどうかなという日でも面白い絵作りに貢献してくれます。

 「鋸山」という岩山の上から撮影でしたが、文字通りの断崖絶壁にあり、高所恐怖症の人は想像するだけで死んでしまいそうです。


【参考】 雨の京都写真
→ http://kozalog.exblog.jp/17569524/










d0105068_10472450.jpg
DP2Merrill 千葉県鋸南町

 宿泊したのは安房勝山の「紀伊乃國屋」という温泉宿です。

 色々な種類が楽しめる温泉の素晴らしさもさることながら、南房総の海の幸を生かした料理は絶品です。

 これぞ日本式旅館というべきおもてなしと、清潔さに満ちており、ぜひおすすめしたいお宿です。


■安房温泉 紀伊乃國屋
http://www.awa-kinokuniya.com/honkan/

■食べログ
http://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12019962/








東京湾を渡る


d0105068_11293413.jpg
DP2Merrill 東京湾フェリー

 東京湾フェリーに乗ったのは25年ぶりでしたが、港町の陰影を楽しみながら海を渡る楽しみは、アクアライン経由では楽しめません。













d0105068_10484644.jpg
DP2Merrill 横須賀市 戦艦「三笠」

 日本海海戦を戦った三笠の雄姿。マストの形状が帆船時代の軍艦の姿を残しています。

 アメリカ太平洋艦隊司令長官のニミッツ提督の呼びかけをきっかけに保存の機運が盛り上がり、廃墟同然の姿から見事に蘇りました。

 石炭から出る大量の黒煙をたなびかせながら鉛色の日本海を疾走する三笠の姿に思いを馳せます。
















d0105068_10503659.jpg
DP2Merrill 横浜ベイブリッジ















d0105068_10511184.jpg
DP2Merrill 大黒ジャンクション











d0105068_10565186.jpg
DP2Merrill 首都高速1号羽田線 大井

 一般的に旅に使いやすいのは35mm程度のやや広角気味のレンズだと言われていますし、実際その通りだと思います。

 ただ、画角が狭いとはいえ、ピンポイントに情景を切り取っていく、いわば俳句のような味わいを求める旅カメラとして私は非常に秀逸な機械だと思います。



d0105068_12225732.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-06-01 11:44 | DP2 Merrill


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ