カテゴリ:Biogon 21mm F2.8( 5 )
Biogon21mmが写す色鮮やかな世界
 CONTAX Gシリーズの映し出す世界はどれも個性的で、素晴らしいものばかりでした。色鮮やかといっても、デジタルで撮ったときに彩度を引き上げたような鮮やかさではなく、色の濃度が増していくような鮮やかさがリバーサルで見たときのGマウントレンズの特徴だったように感じます。

築地の夕暮れ


d0105068_22571375.jpg
CONTAX G2 + BiogonT*21mmF2.8(以下全て同じ) 聖路加タワー

 中央から左側に見えるのが晴海、右側に見える二つの高層マンションのあるあたりが勝どきです。晴海の奥は今ではもう少し開発が進んでいます。

 波長の関係で、蛍光灯の緑色を強く写し出すのがリバーサルフィルムの特徴ですが、デジタル全盛の今になっては、やや忘れそうになっている色合いですね。

 BiogonT*21mmF2.8 は、コントラストが高く、濃厚な色彩を見せてくれます。全く歪みが無く、線がまっすぐに伸びる気持ちよさは、特に建物を近くで撮るときに感じることでしょう。そのシャープな描写力は一眼レフ向けの広角ズームレンズを一瞬にして霞ませる力を持っています。


d0105068_23103441.jpg

 この聖路加タワーの展望台は今では廃止されてしまっているのが大変残念なのですが、海と街という組み合わせは実に美しいものだなとつくづく感じます。

 やはりここでも特有の色彩を見せてくれます。




汐留の夕暮れ


d0105068_23114111.jpg
汐留シティセンター・ゆりかもめ

 説明が難しいのですが、今のデジタルカメラで撮った景色とは違うんですよね。

 フィルムの色調はその時代を色濃く反映しますが、大して時代の経っていないこのような写真でも、ちょっと懐かしい感じがしてくるのが不思議です。夕暮れ時に青く染まる街並みと、夕陽が照らし出す紫色の空と、蛍光灯の緑色が実に気持ち良く、そして懐かしいのです。

 ビオゴンが描き出すまっすぐに伸びる線もさすがという感じがします。歪みの無い世界は本能的に自然に感じるんでしょうね。

 汐留という街は、新しい時代の巨大再開発プロジェクトとして鳴り物入りでスタートし、そしてこの街が出来たときは、そのありように驚いたのですが、今となってみると超高層ビルが密集して立ち並んでいる姿も当たり前のような景色になっています。もう少し経ってみると、この汐留も懐かしいという感じがしてくるのかもしれません。





瀬戸内海・直島の夕暮れ


d0105068_23263890.jpg
直島宮浦港




d0105068_23193319.jpg
直島 「赤かぼちゃ」(草間彌生)

 今にして思い返すとリバーサルフィルムで撮る夕暮れの色合いは独特ですよね。また決して正直な描写ではありません。

 でもそれがとても面白く、美しく、そしてこのカメラ・レンズでこそと思います。

 すでに過去の記事でご紹介していますが、瀬戸内海の島のあちこちに現代アートが転がっている光景は実に不思議で面白いです。個性的なカメラを振り回すには絶好の場所でしょう。

 今年は瀬戸内国際芸術祭2013を開催しています。岡山からも高松からもそう遠くないですし、足を運んでみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ

[PR]
by vivid_bit | 2013-08-14 18:00 | Biogon 21mm F2.8
CONTAX G2とBiogon21mmで原爆の日を思う
 フィルムで撮りたい景色というものがあります。CONTAX G2を持ち出して撮りたい景色というものもあります。

 夏の少し水蒸気の多い、あの日と同じような空の下で、原爆ドームがどのようにフィルムに映し出されるのか。

 少し時期を過ぎてしましましたが、そんな想いを胸に撮った一枚を紹介したいと思います。 

d0105068_21282193.jpg
CONTAX G2 + Biogon21mmF2.8 原爆ドーム

 フィルム特有のざらっとした感触と、ある意味正確では無いネガフィルムの写りが、今のデジタルカメラでは難しい表現を教えてくれます。これを人工的にやろうとすると、少し嘘くさい表現になってしまう気がします。

 最近はソニーNEXシリーズ(NEX-3、NEX-5、NEX-6、NEX-7など)や富士フイルムXマウントシリーズ(X-Pro1、X-E1、X-M1)、フォーサーズ機(オリンパスPEN E-P3など)のように、アダプタを使ってカールツァイスレンズGマウントレンズが付けられるボディが増えてきました。中にはオートフォーカス内蔵の驚くべきマウントアダプタまで登場しています。

 Gマウントレンズ好きとしては注目を浴びて嬉しい限りの環境ですが、フィルムでしっかり味わってこそ本当に面白い一本だとも思います。

関連記事


 瀬戸内海に浮かぶ現代アートの島・直島や、都内美術館で撮影したCONTAX G2の写真を掲載しましたのでこちらもご覧下さい。

ビオゴン21mmF2.8の写真はこちらからどうぞ。リバーサルフィルムと相性抜群の濃厚な発色がたまりません。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-08-12 22:18 | Biogon 21mm F2.8
直島の海と空と
 瀬戸内海ってこんなに落ち着く場所だったんですね。岡山県の直島の様子です。

 直島は、島ぐるみで現代芸術を扱っている場所として国際的に知名度が高まっており、海外旅行者向けの観光ガイドにも取り上げられています。現代芸術を生活の一部として取り込んだ形で、展示物や美術館があちこちに置かれており、島の雰囲気と実に合っています。

 この様子をコンタックスG2ビオゴン21ミリ で切り取っていくことにします。

d0105068_1826129.jpg
CONTAX G2 + Biogon T*21mm F2.8(以下同じ)

 代表例はこの草間彌生のカボチャでしょう。ご存じの方も多いのではないでしょうか? 直島の港に置かれたこのアートは色々な写真で使われていますね。

 このカボチャと青い海を、港の遠景が見える形でぜひビオゴンで撮りたいと思っていたので、まさに願いがかないました。

 ちなみに、パリのルイヴィトン本店のショーケースの中に、蝋人形のリアルな草間彌生を見たときはぞっとしましたね。




d0105068_1825625.jpg
 
 鮮やかな黄色と黒い水玉、そして青い海がマッチします。ビオゴン特有の周辺減光も非常にドラマチックです。この突き抜けるような青い空はまさにコンタックスブルーですね。リバーサルフィルムとレンズの濃厚な発色が、旅の記憶をかき立てます。




d0105068_1830869.jpg

 フェリーのマストが空の青さにマッチしています。

 乗ったのは至って普通のフェリーでしたが、外国人のツーリストが多く乗船していたことに驚きました。海外で大きく取り上げられているとよく分かります。






d0105068_18314052.jpg


 李禹煥美術館の入り口にて。暑すぎて人がいません。真夏に行ったのですが、灼熱ともいえるほど過酷な日でした。

 ただ、人混みの中では美しさが分からない作品と言えるでしょう。大きな岩との配置が絶妙です。





d0105068_1832795.jpg
 ここまでは無料で入ることができます。

 直島は行ってみないとこの良さは分かりません。写真だけでは表現できないところにこそ現代芸術の今の姿があります。機会があればぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。



関連記事


 都内美術館で撮影したCONTAX G2の写真を掲載しましたのでこちらもご覧下さい。

ビオゴン21mmF2.8の写真はこちらからどうぞ。繊細な描写と色合いに惚れますね。

[PR]
by vivid_bit | 2011-08-29 22:51 | Biogon 21mm F2.8
ぶらり七里ガ浜の旅
CONTAX G2
Biogon 21mm F2.8
鎌倉市・七里ガ浜

d0105068_19382743.jpg



ビオゴン21mmは空を写すと楽しくなるレンズですね。手持ちのレンズにはEOS用超広角ズームもあるのですが、空だけを主題にするのではなく、その雄大な空を前にした人々の姿までをも一枚に落とし込み、その姿も印象的に残す目的には、このレンズが一番向いているように感じます。表現が難しいのですが、くっきりと人影を写しつつ、空の繊細な姿を写しこむ力に長けているように思うんですよね。

CONTAX軍団を手に思わず鎌倉を散歩してしまいましたが、もっと使ってあげたいと思う今日この頃です。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2008-03-23 19:53 | Biogon 21mm F2.8
Biogon21mmだからこその世界
 CONTAX Gシリーズを買うなら、Biogon21mmかHologon16mmを買えという風によく言われるのですが、いざ使ってみてその意味が分かりました。この写真はBiogon21mmF2.8のファーストショットです。

d0105068_1503824.jpg
CONTAX G2 + Biogon T*21mm F2.8 新宿

 完全に澄んでいるわけではない青空がこの通り。見事なコンタックスブルーに美しいグラデーション。深い青に驚かされます。そして気持ちのいいぐらいまっすぐでゆがみの無い鋭い直線が描き出されています。この描写には「参りました」という他ありませんでした。

 超広角レンズとしてSIGMA12-24mmとCanon EF-S 10-22mmを使用した経験があり、後者は今も現役(前者に片ボケがあったため返品し、こちらを購入)ですが、その実力に数段の違いがあると認めざるを得ません。EF-S10-22mmで35ミリ判で21mm相当の写真を撮ってみたとしても、周辺への絵のひっぱり具合、ディストーション、片ボケの有無、解像力、コントラストなどの点でBiogon21mmには太刀打ちできていません。

d0105068_01344850.jpg
CONTAX G2 + Biogon T*21mm F2.8 京都・高台寺

 静寂に包まれる京都の茶屋もしっとりと写し出します。周辺画質の低下も無く、像も全く引っ張られることなく自然な描写という一言に尽きます。対称型のレンズゆえの周辺減光がこのような場面では非常にドラマチックな描写として生きます。


d0105068_01401617.jpg
CONTAX G2 + Biogon T*21mm F2.8 京都 東福寺 方丈庭園


 スキャンの関係でやや緻密さが失われていますが、それでもなおこの描写の素晴らしさをご理解頂けますでしょうか。非常に幾何学的な様相を見せる方丈庭園で、ビオゴンらしい歪みの無い真っ直ぐな線が気持ちが良いです。

 で、やっぱり思うのですがこういった優れたレンズとカメラこそ素人の方に触れてもらいたいということです。今のご時勢、ネコも杓子もデジタル一色ですが、画像補正に慣れていない人ではカメラが押し付ける色具合に騙されたままそのカメラやレンズとお付き合いせざるをえません。しかしアナログであれば、そのレンズやカメラ、フィルムの特徴を手に取るように理解することができます。カメラというのはこんなに綺麗なものが撮れるのか、自分の手に残すことができるのかということをぜひ知ってもらいたいなと思います。
 

d0105068_1442110.jpg

[PR]
by vivid_bit | 2007-03-09 02:12 | Biogon 21mm F2.8


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ