カテゴリ:XF18mmF2 R( 5 )
X-Pro1の素晴らしさを改めて考察する
 富士フイルムX-Pro1の最大の特長は、唯一無二のファインダーです。

 もちろん、富士フイルムの持つ銀粒子への知見を生かしたセンサーAPS-C 16M X-Trans CMOSや、マグネシウムダイキャストで作られたトップカバーなど上質の機能・性能を抱え持つ優れた製品ですが、何といってもX-Pro1 のファインダーは見る人を驚かせるものがあります。


X-Pro1のハイブリッドビューファインダー


d0105068_14254026.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + フジノンレンズ XF18mmF2 R フランス ボルドー

 X-Pro1には、ハイブリッドビューファインダーという特殊なファインダーが装備されています。このファインダーでは「ハイブリッド」の名が示すように、ライカのようなレンジファインダーカメラや一眼レフカメラのように光がそのまま目に飛び込んでくる光学ファインダーと、一度センサーで読み込んだデータを高精細液晶等に写し出す電子ビューファインダーの両方が備わっています。

 ライカのようなレンジファインダー型カメラでは、近くのものを撮るときに、レンズとファインダーの位置のズレから、ファインダーで見えていたものと、撮影されたもののズレが生じます(パララックス/視差効果)。また、どこにピントが合っているかを直接的に目で確認することができません。一眼レフカメラはその両方の欠点を克服して、レンジファインダーカメラを駆逐するに至りました。

 ところが、一眼レフには大きな問題がありました。それはその大きさです。


一眼レフの欠点

d0105068_23511574.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + フジノンレンズ XF35mmF1.4 R フランス ボルドー・サンジャン駅


 一眼レフの「レフ」はドイツ語のシュピーゲル・レフレックスという言葉に由来します。この言葉の意味は何かというと、鏡の反射を意味しています。

 つまり、機構として反射鏡を備えているカメラを一眼レフと言い、ゆえに反射鏡分のスペースと重さが必要となったのです。

 もちろん一眼レフの軽量化への挑戦は古くから行われていました。1973年に登場したオリンパスOM-1はその代表格です。私の持っているCONTAX Ariaも相当なコンパクトさで、レンジファインダーカメラより軽いほどです。しかしながら、手頃なツールが求められる今の時代に、一眼レフはやはり大げさ過ぎる面は否めません。

 そこで登場したミラーレスカメラは軽量、コンパクトで、写し出す絵も素晴らしいものがあり、瞬く間に普及したのはある意味必然とさえ言えるでしょう。


改めてX-Pro1の素晴らしさとは

d0105068_23514432.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + フジノンレンズ XF18mmF2 R フランス ボルドー

 では何ゆえX-Pro1のファインダーが優れているのか。

 スナップ写真のように人を交えた街の光景を、自分の視覚の延長で撮りたいときに、電子的な視界に変換されてしまうと、どうしても違和感が出ます。私自身、電子ビューファインダーは古くから使っていまして、オリンパス製「CAMEDIA C-2100 Ultra Zoom」という機体で写真を撮っていたこともありました。しかしながら、街頭スナップの、特に人を交えた撮影では、光学ファインダーに優位性を感じざるを得ません。この瞬間というものを切り取りたいときに、電子ビューだと直感的にうまくいかないのです。

 例えば上のボルドー の中心部の様子では、社会科見学に集まっている子ども達と周辺の街の様子を写していますが、通行人の様子を見ながらベストな瞬間を探ろうとすると、ごくわずかなタイムラグながらも電子的な視界だと自然に切り取ることができません。

 その意味でX-Pro1以後に登場しているX-E2、X-T1という機種は、私の用途から外れてしまいます。



d0105068_15023268.jpg

 一眼レフは一眼レフで素晴らしいですし、特にオートフォーカスの性能が今もずば抜けて居ますので、これはこれで優位性があります。ところが、一眼レフを構えているぞという姿が、人々の自然な様子をかき乱します。スナップシューターとしては、これは致命的な問題です。

 自然に撮れるというのがスナップ写真を撮るときの必要条件とさえ言えると思います。

 さらに旅先で、色々な写真を撮っていくときに、テーブルの上のおいしそうな料理や教会の中でほのかに輝くろうそくを撮影したくなることもあるでしょう。

 パララックスがある上に厳密なピント合わせができず、適切な露出をすぐ導くのに難儀するレンジファインダーだと、かなりつらいシチュエーションです。このような場面では電子ビューファインダーに切り替えて撮影できるので、まごつくことなく撮影ができます。


X-Pro1が導くスナップショットの楽しみ

d0105068_15022517.jpg

 スナップショットとは、元々狩猟用語で、飛び出てきた獲物をさっと撃つことを言うそうです。大分物騒な用語ではありますが、確かに写真においてもそういう面はあります。X-Pro1は街頭での様々な獲物にも対応できるスナップシューターとして万能性を持っています。

 さらに上に述べた特長以外にも、ローパスフィルターを持たないX-Trans CMOSのおかげで、大変シャープな絵を結び、高感度撮影にも強いです。フィルムメーカーとしての知見を生かして、JPEG撮って出しの絵も素晴らしく、RAW画像から編集する時間的余裕が許されない場合にも対応してくれます。

 色々なレンズシステムを並行使用している私が、もしシステムを統一せざるを得なくなったら、富士フイルムXシリーズが一番の解なのかもしれません。


d0105068_15025098.jpg

 それだけの機能を持つからこそ、スナップ撮影に安心して向かうことができ、夢中になって絵作りができるわけです。

 特にスペックあれこれを考えることなく、自然体で被写体に向き合い没頭できることが、カメラとして一番大切なのだと思いますね。



d0105068_23193798.jpg
d0105068_02121600.jpg

[PR]
by vivid_bit | 2014-03-22 15:30 | XF18mmF2 R
カルカソンヌの城塞を見上げて
 宿からほど近い場所にカルカソンヌの城塞がそびえ立ちます。

 その規模はヨーロッパ最大級と言われ、二重の塀が行く手を遮ります。この土地はスペインにも近く、大西洋と地中海を結ぶ場所にあります。古くから極めて重要な戦略拠点であったことがうかがえます。

d0105068_21332330.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R フランス カルカソンヌ

 不気味な空の下、古城が姿を現しました。日本の城には無い、陰鬱さを秘めたその姿は非常に印象的です。

 フジノンXF18mmF2Rは、空と城をストレートに写し出してくれます。またX-Pro1の持つ解像度の高さが生き、非常に繊細で力強い描写を見せつけてくれました。

 引き続き色々なカメラで撮影したカルカソンヌの写真を紹介していきますのでお楽しみに。




d0105068_23193798.jpg

d0105068_23505111.jpg





[PR]
by vivid_bit | 2014-02-23 21:54 | XF18mmF2 R
X-Pro1を持ってトゥールーズへ
 フランス南西部の大都市・トゥールーズ。煉瓦で出来た歴史ある建物と多くの学生が溢れる活気ある街です。ホテルに重い一眼レフを置き、X-Pro1を持って街へ繰り出します。

 路地裏の奥には教会がそびえ立ち、その前を多くの学生が横切っていきます。日没が近づき明るい光が、煉瓦の街を覆っていました。

d0105068_23405305.jpg
X-Pro1 + XF18mmF2R フランス トゥールーズ ジャコバン修道院付属教会前

 富士フイルムX-Pro1は、ローパスレスという仕様により非常に繊細な像を結ぶカメラです。したがって、石造りや煉瓦造りの建物や石畳の道路を精巧に表現してくれます。その一方でギスギスしない表現を見せてくれるフジノンレンズ群は、情緒ある情景を演出し、機械的になりすぎない表現を実現します。(一方でSIGMA DP Merrillシリーズも、個性的な表現をする機械として大いに活躍してくれます)

 トゥールーズを代表する建物であるジャコバン修道院を遠くに見通し、四方を歴史ある建物に囲まれたこの空間を表現するのに、適切な描写をしてくれる一台と言えます。

 ジャコバン修道院はヤシの木のような支柱のあるゴシック建築として、この街を代表する存在なのですが、残念ながらこの日は入館できませんでした。ガロンヌ川にかかるポンヌフ橋( Pont Neuf )付近へ歩きます。


d0105068_01534593.jpg
X-Pro1 + XF18mmF2R フランス トゥールーズ

 海外旅行の中でも、特に都市中心の旅行においては、食べ物を撮影したり、夜の情景を撮ってみたりと、色々なシーンに出くわします。被写体に寄れないライカだけでは、食べ物の写真は諦めないといけないですし、夜のシーンではノイズも気になります。動的なものまでは撮らないまでも、街をゆく人々の姿に対してピントを一瞬で合わせたいときなど、マニュアルフォーカスではどうかなという場面も多いと思います。またレンズの性能にもこだわりたいという人も多いのではないでしょうか。

 これらの条件を充たし、かつ一眼レフほど威圧感を与えることなく、風景に溶け込んだ形でスナップできるという意味で、富士フイルムミラーレスのカメラは最適だと思います。さらに言えば、肉眼で美しい情景を捉えながら、その一瞬を切り取ることができる目の延長ツールたりうるX-Pro1こそが、Xシリーズの中の旅行向けベストマシンだと私は考えます。


d0105068_01544206.jpg
X-Pro1 + XF18mmF2R フランス TGV車内(トゥールーズ~カルカソンヌ間)

 トゥールーズからは大西洋側のボルドー、地中海側のモンペリエ・エヴィニョン方面、さらにはスペインのバルセロナ方面に高速列車のTGVが走っています。トゥールーズとバルセロナを結ぶTGVは昨年12月に開業したばかり。路線網も徐々に進化しています。

 ただ、実際には高速専用線が敷かれているわけではなく、いわば山形新幹線、秋田新幹線のように、在来線の線路の上を高速車両が走っているだけであり、各主要都市へのアクセスはそれほど良いとは言えません。エアバスの本社があるからでしょうか?(笑)

 座席背面にはTGV Magazineという雑誌が置いてあります。新幹線のグリーン車に置かれているWEDGEほど立派な雑誌ではないですが、グローバルなカルチャーを俯瞰した記事等が掲載されていて、なかなか興味深いです。国が変われば機内誌も変わるわけですね。



d0105068_02211875.jpgトゥールーズ(Toulouse)
フランス南西部ミディ・ピレネー地域圏の首府。
都市圏人口110万人。(フランス国内で第6位の規模)

この地独特のピンク色の煉瓦の色から、「バラ色の都市」と呼ばれている。エアバス社の本社が置かれており、ヨーロッパにおける航空宇宙産業の中心地でもある。

日本から直行便無し(日本からはパリまたはアムステルダム経由)。

トゥールーズ近郊の美しい町の写真はこちら → サルラ


d0105068_23193798.jpg


[PR]
by vivid_bit | 2014-02-21 17:55 | XF18mmF2 R
世界遺産・カルカソンヌの城塞を、XF18mmF2Rで撮ってから死ぬ
 「カルカソンヌを見てから死ね(カルカソンヌを見ずして死ぬなかれ)」

 こういう言葉がフランスにあると聞きます。X-Pro1のビューファインダー越しにその城塞を見た私は、もう死んでも良いのかもしれせん。ただ、この世への最後の土産としてXF18mmF2 が写し出す風景を残さずにはいられません。

 フランス南西部の都市・トゥールーズからTGVで40分ほどの場所に、巨大な城塞に囲まれた街・カルカソンヌがあります。このカルカソンヌには、ヨーロッパ最大級の巨大な城塞があり、その城の中に街が広がっています。

 日没前の様子はまたの機会にご紹介するとして、今回は高感度に強いX-Pro1XF18mmF2Rを片手に夜のカルカソンヌを冒険してみようと思います。


d0105068_1754214.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ シテ

 富士フイルムXFシリーズ(Xシリーズ)のレンズではXF35mmF1.4Rへの評価の声が高いと聞きますが、XF18mmF2R もなかなかの実力です。

 F2開放でこのシャープさです。壁の陰影がリアルに伝わってきます。夜間手持ちで撮影しようとすると、どうしても開放で撮るしかないと思う瞬間があります。そういうときに開放からシャープなXF18mmが実力を発揮してくれます。

 画角的にもそうなのですが、画質的にもスナップに向いてますね。先日は料理の写真を上げましたが、近接撮影よりは、少し距離を置いてスナップ的に撮る方が合っている気がします。




d0105068_1532632.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ シテ外壁

 小高い丘の上に作られたカルカソンヌの城塞(シテ)へは二通りのルートがあります。あまり観光客のいない方の城門へは急坂を登る必要があるのですが、新市街からのアプローチはこちらの方が近いです。

 坂を登っていくと、城壁のそばで外国人男性が三脚を立てて撮影していました。見るからに実力のありそうな風貌の男性でしたが、その手元にはMade in JapanのX-Pro1があったのです。

 富士フイルムのカメラを購入したのは、"クリップ・イット"DS-20という35万画素(DP2 Merrillの100分の1以下)というカンブリア紀の化石のようなカメラ以来となりますが、時代に逆らってフィルムを愛用している者としては富士フイルムというブランドには並々ならぬ愛着があります。フランスの片田舎で富士フイルムの雄志が見られるのは嬉しいですね。




d0105068_1523163.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ サン=ナゼール大聖堂

 夜も更け、シテ内にあるサン=ナゼール大聖堂入口には人がいません。

 これだけ暗い中、低ノイズで撮影できるX-Pro1の実力には頭が下がります。一眼レフと違って手軽に持ち歩けて、かつ色彩も綺麗で、暗いところにも強く、マクロも撮れてという選択肢で考えていたので、このカメラはニーズに沿った実力を発揮してくれます。

 聖堂の中の様子をSummilux 35mm F1.4 で撮影しましたので、こちら もご覧下さい。




d0105068_1525237.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ シテ

 石畳にナトリウム灯の明かりが反射して、美しい陰影を見て取ることができます。その描写も、甘さを感じるほどにしっとりというほどでもなく、ガチガチに硬いわけでもなく、ちょうどいいバランスという印象です。

 光源も綺麗に描写してますし高い実力のあるレンズだと感じますね。

 手持ちのライカMマウントレンズはそれほど多くないのですが、THE・オールドレンズというものを持っていくと、レンズの個性ばかりが目立ちすぎる場合があるので、これだけニュートラルな方が絵作りに集中できるところがあります。


d0105068_153494.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  フランス カルカソンヌ 城外

 こちらの一枚だけはカラーで。看板の四隅に放たれる影と色彩、なだらかなグラデーションが気持ちがいいです。

 いかにもカルカソンヌらしい風景は、今回の記事には無かったのですが、今後必ず載せたいと思ってます。

 今週末には、この旅でとても印象的だった街・ボルドーから夕暮れの写真を掲載いたします。お楽しみに。

 (フジノンレンズ XF18mmF2 Rの写真は続々増殖中です。この記事以外にこちらもご覧下さい。)


d0105068_23193798.jpg

d0105068_23505111.jpg






[PR]
by vivid_bit | 2013-10-31 20:14 | XF18mmF2 R
料理を楽しむフランス・サルラ旅行記(X-Pro1レビュー編その2)
 次は一転してディナーへ。すでにご紹介の通り夜のフランス南西部の街・サルラは非常に雰囲気が良く、この街並を眺めながらのディナーは最高です。

※ランチ編はこちらへ。

d0105068_1842411.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 9月のフランスは、サマータイムの関係で日没は20時頃です。完全に暗くなる前からディナーの時間は始まっています。


d0105068_1848176.jpg
             FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R (F2.2)

 レストランへ行く道すがらスナップを。XF35mmF1.4が古風な街並を描き出します。


d0105068_18505751.jpg
             FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R (F1.6)

 絞り環が微妙に固いせいか、データで見直すと完全な開放ではなかったのですが、それでもふわっとした描写が見て取れます。

 写真好きの心を理解した上で設計されたレンズなんでしょうね。このXシリーズを代表する一本なだけあり、非常に面白いレンズと言えます。


d0105068_1858303.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R

 日が暮れてくる中、旧市街の真ん中で頂く料理とお酒はたまらないものがあります。ちょうどこの頃の東京は蒸し暑さ全開の季節に当たります。気候の違いがいかに残酷かと思わざるを得ません。

 そして薄暗い時間帯に色彩豊かに街の表情を見せてくれるX-Pro1の力に脱帽です。夕暮れ時の太陽光が大気上層のオゾンを発光させ、見事な青色を見せてくれています。この色合いが美しく撮れています。

 お腹が減ってきましたので、ホテルのオーナーに教えて頂いた店その2の「Le Petit Manoir à Sarlat」に向かいます。このお店はトリップアドバイザーの「Certificate of Excellence 2013」に選ばれており、雰囲気も高級感が漂っています。田舎風ビストロという雰囲気のお店が多いサルラの中で、モダンな高級感は群を抜いています。


Le Petit Manoir (ル・プティ・マノワール)へ


d0105068_18592792.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R

 フォアグラのテリーヌとクリームブリュレ状にしたポタージュの前菜です。見栄えもなかなか素敵ですね。ここからして、腕の違いを見せつけられました。シェフはなかなかの実力者のようです。

 他にもバゲットの上にオリーブオイルで味を整えたフォアグラのテリーヌの料理もあるようで、こちらはなかなか豪快でした。




d0105068_152544.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R

 子牛の胸腺と地元のキノコ、自家製ラビオリを添えた料理です。

 鰹のたたきみたいな仕上がりは予想外でしたが、野菜の甘みとのマッチングが絶妙で、重い肉料理に飽きた胃には最高の一品でしたね。和食のようなあっさりしたおいしさのある料理です。

 他のテーブルを見ると、細い平面のパスタの上に地場の鶏肉のグリルを乗せ、塩と胡椒で力強く味付けしたものもありました。緩急を使い分けてみても良さそうです。



d0105068_18595552.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R

 デザートはチョコレートを使ったケーキです。甘すぎず、少しビターな非常に大人な味わいでした。品があって素晴らしい一品です。

 余韻を楽しみながらウェイターさんと話をしていると、実はこのお店のシェフは日本で修行したことがあるとこと。このウェイターさんがお店に置いてあるものだとして「健康十訓」が書かれた皿を見せてくれました。「少肉多菜」「少糖多果」など健康にまつわるルールが書かれていたのですが、確かにこのお店の料理はこのコンセプト通りです。

 フランスで日本料理の精神に出会えて大満足の夜でした。

Le Petit Manoir
13 rue de la republique, 24200 Sarlat-la-Caneda, France
http://www.lepetitmanoir-sarlat.com/lepetitmanoir-sarlat/Accueil.html


その他の聞きかじりおすすめレストラン


街の外れ、駅との途中にある高級店。ミシュラン一つ星。徒歩だときついかも。

あえてのピザ。しかしながら雰囲気があって、ホテルの方もおすすめとのこと。


サルラの料理はこちらの記事でも取り上げています。ぜひご覧下さい!


d0105068_02274528.jpg
d0105068_23193798.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ

[PR]
by vivid_bit | 2013-10-20 15:59 | XF18mmF2 R


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ