カテゴリ:XF35mmF1.4 R( 4 )
聖地・ルルドと巡礼の旅

聖地誕生


 フランスとスペインの国境にそびえるピレネー山脈。その麓に小さな街、ルルド( Lourdes )があります。

d0105068_15210147.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + フジノンレンズ XF35mmF1.4 R フランス・ルルド ロザリオ大聖堂

 1858年、貧しい家に育った少女・ベルナデッタ( Bernadette Soubirous )は、ルルドの洞窟の中でまばゆい光に包まれ白い服を着た不思議な女性を目撃し、その出来事が街中に騒動を巻き起こします。その後もベルナデッタが洞窟を訪れる度に、不思議な現象は続いたため、日増しに洞窟を訪れる人は増え、小さな街の混乱はさらに増していきました。混乱の拡大を恐れた検事が彼女を拘禁しようとしたときには、街の人が暴動を起こしかけたほどです。

 その女性の正体は分からないままでしたが、ある日ベルナデッタは、その女性から自分は「無原罪の御宿り(むげんざいのおんやどり / 現地方言: Que soy era Immaculada Councepciou / ラテン語: Immaculata Conceptio Beatae Virginis Mariae )」であると聞き、神父に伝えます。この言葉は、聖母マリアに関するカトリック教会における教義を示しており、ラテン語どころか標準フランス語すら話すことの出来ないベルナデッタには知り得ない言葉でした。このことから、聖母マリアの出現であると信じられるようになったのです。

d0105068_15210552.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + フジノンレンズ XF35mmF1.4 R フランス・ルルド 無原罪の御宿り大聖堂

 不思議な出来事はこれだけに留まりません。女性の言葉を受けてベルナデッタの示した地点からは泉が湧いたのです。治療不可能な難病の人がこの泉の水に浸ったところ、その難病が治癒したという出来事が起こり、カトリック教会から正式に「奇跡」と認定される事例が相次いだのです。この場所は「ルルドの泉」と呼ばれ、病を持つ多くの人が訪れる聖地となりました。ベルナデッタは35歳で亡くなりますが、その死後の1933年に正式に列聖され、ブルゴーニュ地方ヌヴェールのサン・ジルダール修道院で安らかに眠っています。

聖地への旅


 ルルドへは、フランス南西部の大都市・トゥールーズから直通の特急列車(インターシティ)で2時間ほどの距離です。直線的な屋根構造が印象的なトゥールーズ・マタビオ駅に入線していたのは、2列+2列で構成されるローカルな雰囲気の車両でした。蛍光灯もなんだか古くさい造りですよね。

d0105068_16120375.jpg
EOS 5D Mark II + タムロン SP AF17-35mm F/2.8-4  トゥールーズ・マタビオ駅


 トゥールーズ・マタビオ駅を出発すると、トゥールーズの市街地がしばらく続きます。ミディ運河を越え、郊外に出ると急に農地が一面に広がり、路線も曲がりくねりながら進んでいきます。日本の在来線も真っ青のクネクネ度合いで、とてもスピードは出ません。

d0105068_16372597.jpg


 途中に大きな駅は無く、まさにローカル線といった雰囲気ですが、途中のタルブ駅から西側はTGVが走っているため、駅にTGVの車両が何編成も止まっています。

 タルブを出ると、進行方向左手にはピレネー山脈が近づいてきます。美しい山並みに見とれていると、牛が放牧されている草原の真ん中にDHLやマレーシア航空などの様々な機体が目に飛び込んで来ました。中には機首部分が切り取られ、輪切りのようになっている機体もあります。まさにこれは飛行機の墓場ではないですか!

d0105068_16371518.jpg

 地図を見てみると、タルブ・ルルド・ピレネー空港の北側に当たるようです。タルブ・ルルド・ピレネー空港はルルドへの巡礼者を迎える小さな空港で、チャーター便が多くを占めているそうです。そんな空港の脇に、民間航空機のスクラップを行う工場が併設されているのは何とも不思議な話です。

d0105068_16160841.jpg
by google Map

 聖地に行く前に墓場を見ることになるとは思いませんでした。間もなくして列車はルルドの駅に到着します。駅周辺の交通量はわずかで、多くの巡礼者を迎え入れている場所とは思えないほど静かです。山の上にある駅から坂を下り、一旦ホテルに荷物を預けて、ルルドの中心地へ向かいます。


聖域を行く


 ルルドの中心部には「聖域」(サンクチュアリ)と呼ばれるエリアがあり、規模の大きな礼拝堂が建っています。入口側にはロザリオ大聖堂があり、内部にネオ・ビザンチン様式が、外部にロマネスク様式が複合的に用いられています。冒頭に取り上げたドームは、まさにネオ・ビザンチン様式の典型と言えるでしょう。広い空間を生かし多くの人々が祈りを捧げており、ミサも頻繁に行われているようです。また聖母マリアが出現したとする洞窟の上には無原罪の御宿り大聖堂が建っており、これがルルドの象徴として認識されている建物になります。ただし、遠くからはどちらも一体化しているように見えます。

d0105068_17122549.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + フジノンレンズ XF35mmF1.4 R フランス・ルルド ロザリオ大聖堂

 新しく生まれた聖地ということでもあり、所々に現代的な要素を垣間見ることができます。またX-Pro1とXF35mmのペアが、この雰囲気を忠実に描写してくれます。

 聖堂はここだけでなく、なんと地下にもあります(聖ピオ10世地下大聖堂)。横浜大さん橋のような、内部に柱の無い巨大空間が広がっており、2~3万人を収容可能な規模だそうです。大規模なミサも行っているのですが、いかんせんカトリック信者でない(特段の信仰を持ってないですが)私が安易な気持ちで参加するのは憚られるところであり、一旦ホテルに戻ることとします。


ろうそく行列の夜


d0105068_17133296.jpg

 ベルナデッタが、聖母マリアを目撃したすぐ後から始まった洞窟前のろうそく行列は今も続いており、毎日夜9時に多くの人が列を作ります。様々な国の巡礼団が訪れており、車いすの老人も多く見受けられます。「アヴェ・マリア」と皆で歌いながら列は進みます。

 X-Pro1は高感度でも絵が崩壊せず、ろうそくが彩る光景を見事に描き出してくれました。ただ、かなり強めのAF補助光が出るため、皆様を驚かせてしまって申し訳無かったです。(X-Pro1では、その名も「マナーモード」という機能でOFFにできます)

d0105068_17133724.jpg
d0105068_17134017.jpg

 各国の色々な人が一斉に祈りを捧げる姿は、非常に印象的です。暖かいろうそくの光が延々と続き、行列が途切れません。手元の旗やボードを見ているとポーランドなどの東欧圏・旧ソ連圏の方が多いようでした。世界から巡礼者を集めていることがよく分かります。

d0105068_17134396.jpg

 聖堂前に集まった群衆は改めて祈りを捧げます。世界から集まった人々が祈る夜はこうして更けていくのでした。




d0105068_23193798.jpg



[PR]
by vivid_bit | 2014-08-03 18:28 | XF35mmF1.4 R
旅カメラはどうすべきか XF35mmF1.4Rと共に考える
 旅行のときにどんなカメラを持って行くか。普通の人であれば、せっかくの旅行をきっかけにどんなカメラを買うべきか、大いに悩むところでしょう。

 切り口は色々あります。重いカメラ(一眼レフ)か、軽いカメラ(コンパクトデジタルカメラ)か。レンズはズームか、単焦点か。それとも広角か、望遠か。

 割と忘れがちなのが、高感度に強いかどうか、すなわち夜のシーンが多いかどうかという切り口なのではないでしょうか。

 世界遺産・カルカソンヌ城塞は欧米を中心に多くの観光客を集める大観光地であり、日中は細い路地に観光客が溢れています。商売をしている現地の皆さんにはそれでいいのかもしれません。しかし写真を撮りたい人間にとっては、同じようにカメラを首からぶら下げた同志たち(欧米のおじちゃん、おばちゃん)が漫然と被写体になってしまっても、全くいい絵にならないという現実があります。

 ならば、ということでお薦めなのは夜の観光です。そうなると高感度にしてもしっかりいい絵を見せてくれるカメラを持参したいところです。

 そこで、高感度に強い富士フイルムX-Pro1とフジノンXF35mmF1.4Rを手に、中世の香りが漂う街を散策します。ちなみにXF18mmF2Rとカルカソンヌの街並みの組み合わせはこちらの記事に書きましたのでぜひこちらもご覧下さい。
 

高感度に強いカメラとは

d0105068_17551754.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R  F1.4 1/250秒 ISO1600 フランス カルカソンヌ 城壁


 一般論として、高感度に強いのはフルサイズのセンサーを持つカメラでしょう(キヤノンEOS 60D、ニコンD610、ソニーα7など)。次にAPS-Cサイズ(キヤノンEOS 70D、ニコンD3300、ソニーNEX-7、富士フイルムX-E2など)。その次にフォーサーズ(OM-D E-M1など)。個別機種の特徴はあまり詳しくは知りませんが、センサーサイズに大きく影響されるのは間違いありません。

 となると、夜のシーンを撮影したいのであれば、大きいサイズのセンサーを持つフルサイズのカメラに傾くところです。


d0105068_00271743.jpg

 ただ、旅先では荷物を軽くしたいですし、特に夜のようにお酒に酔ったり、食事に夢中になりがちな環境では、なるべく重いものを持ちたくないところです。そうなるとセンサーサイズがほどほど(=カメラやレンズが軽い)でも、高感度に強いカメラは大きなアドバンテージを持つことになります。

 そういう意味で富士フイルムのレンズ交換式Xシリーズ(X-Pro1、X-T1、X-E2、X-M1、X-A1)とX100Sは、高感度に強いと定評のあるシリーズであり、面白い存在だと言えるでしょう。ソニーも高感度はまあまあ良いと聞いたのですが、NEXシリーズの絵は抜けが悪く、デジタル臭く、モノの際(きわ)がフニャフニャしているように感じられて、食指が伸びませんでした。



高感度と富士フイルム

d0105068_17545185.jpg

 富士フイルム製デジタルカメラの高感度の強さには、FinePix S1proというデジタル一眼レフの時代から憧れがありました。このS1proシリーズは特に天体写真を撮る方の間で定評のあるカメラで、天体と聞いて心ときめく私にとっては憧れの存在ではあったのですが、フィルム時代からキヤノンEOSシリーズで機材を揃えていたため、「乗り換えするほどでも……」というのが正直な印象でした(というかまだデジタル一眼レフは買えなかったのですが)。

 それから数年、彗星のごとく現れた富士フイルムXシリーズは、高感度に強い富士フイルムという伝統を受け継いでいたのです。



d0105068_17561238.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R  F1.4 1/90秒 ISO1600 フランス カルカソンヌ

 最初に投入されたX-Pro1 は、その見た目からして、既にカメラ好きでクラシックカメラに興味ありという層をいかにも狙ったという感がありました。とはいえ、その後のXシリーズでは癖のある機種が続いた訳ではなく、コツコツとより一般的なニーズに近い新機種と新レンズが投入され続けました。今では「持ち運びがしやすくて、カジュアルに撮影したいんだけど、レンズにもこだわりたい」と思っている既存の一眼レフユーザーに最適なシリーズに育ってきたように思います。

 そして、X-M1のような非常にコンパクトでありながら、いい絵が撮れる(センサーは上位機種と同じ)良心的なマシンの投入もあって、初心者にも大きく裾野を広げるシリーズになったと感じます。

【参考】富士フイルムの「X-M1」がエントリー機なのに画質と操作性が良すぎて驚いた! (GIZMODO)

 また何と言ってもレンズのクオリティが高く、価格がリーズナブルであることも富士フイルムXシリーズをお薦めできるポイントの一つです。今回の記事で取り上げたXF35mmF1.4Rというレンズは、非球面レンズにより収差が抑えられている上、ボケも自然で美しく文句の無い一本です。撮影最短距離も28cmであり、旅先で食べ物の写真を撮るにも使え、旅行向きの一本と言えるでしょう。


改めて、旅カメラ考

d0105068_17562954.jpg

 旅に持ち出すにはどのようなカメラがいいか。

 ご飯も写真に撮りたいし、買い物もしたい、都市を歩きたい、ついでに屋内や夜の街でスナップしたいという人には高感度に強いカメラがおすすめです。

 日中を中心に雄大な風景写真をしっかり撮りたい、移動手段は車(ツアーバス)だということなら、重いのは我慢でフルサイズ一眼レフが良いかもしれません。またホテルからそれほど遠出しないのなら、街歩きでも一眼レフは良いと思います。

 私がフランスの写真であげているような、都市スナップ中心なら高感度に強いミラーレスか、レンズ交換でないが高性能のカメラ(X100S等)で、軽量を生かしてどんどん歩き回った方が良い絵が撮れるように思います。





d0105068_23391544.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF18mmF2 R  F4 2秒 ISO200 フランス カルカソンヌ


 では私は何をフランスに持って行ったか? デジタル一眼レフ、ミラーレス、レンジファインダー、コンパクトカメラ……。全部です。(重かった……)



d0105068_23193798.jpg

d0105068_23505111.jpg



[PR]
by vivid_bit | 2014-03-12 22:52 | XF35mmF1.4 R
大雪降る東京都心をゆく
 50年に一度の大雪に見舞われた東京。関東南部にお住まいの方は、あの雪に驚かされたのではないでしょうか。

 寒い中ではありましたが、X-Pro1を片手に東京都心部をスナップしてみました。

d0105068_22242180.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mm F1.4R  

 昼過ぎの撮影ですが、すでにかなり積もっており、歩道を通るのも大変な状況です。おばあちゃんがゆっくりと進んでいきます。無事に帰り着けたのでしょうか。雪は細かいのですが、かなりの勢いです。

 降雪時は全般にコントラストが低くなり、被写体の手前にも雪が通過することでフォーカスが合いにくくなります。フォーカスの合わずに撮影してしまうミスが起こりうるところですが、X-Pro1は光学ファインダーと電子ファインダーを切り替えることができ、適宜確認しながら撮影することができるので大変便利です。寒い中ではありますが安定して稼働してくれます。

 また全くの余談ですが、DP2 Merrillを某中央官庁に持ち込んだことがありました。時は冬。かなり寒い日のことです。ところが省エネのために暖房は最低限となっており、館内は恐ろしい寒さになっていたのです。そこでカメラを起動しようとしたのですがカメラは冷たくなったまま、全く反応しません。少し手の中で暖めると、背面の液晶が一瞬点灯するのですが、あっという間にダウンしてしまいます。まさか屋内でここまでひどいことになるとは思ってもいませんでした。

 それに比べるとX-Pro1の安定っぷりには恐れ入ります。決して長時間持ち出したわけではなかったのですが、特に困難に感じる場面はありませんでした。



d0105068_22271040.jpg
 パラッパラッとした雪が舞い落ちます。

 XF35mm F1.4Rはなかなか繊細なボケを見せてくれます。上の写真もそうですが、崩れることのない自然なボケ方が良いですね。開放で撮っても、危なっかしいところが無いので安心して使えます。




d0105068_22265046.jpg
 すでに歩く人の傘には大量の雪が積もり、道には轍が出来ています。




d0105068_22242939.jpg
 マンションの手すりには小さな雪だるまがたくさん。

 子ども達にも思い出になる雪景色になったことでしょう。あまり頻繁には見られない東京の雪景色ですが、今週末も雪の恐れがあるとのこと。関東にお住まいの皆様はお気を付け下さい!


d0105068_23193798.jpg



[PR]
by vivid_bit | 2014-02-11 22:43 | XF35mmF1.4 R
料理を楽しむフランス・サルラ旅行記(X-Pro1レビュー編)
(フランス・サルラの写真を全6回に渡って特集しています。→ サルラ  )

 この旅行に先立って富士フイルムX-Pro1を購入しました。このカメラは富士フイルムXシリーズ(X-E2、X-E1、X-M1、X-A1)を代表する機種で、光学ファインダーを使った撮影ができる非常に優れた機構を持っています。

 折しも昨日X-E2の発売が発表されていますが、向こうは光学ファインダー無しのモデルで、多少使い勝手が違います。やはりCONTAX G2の使い勝手に慣れている自分としては、X-Pro1に手が伸びましたね。

 前々から気になっていたわけですが、旅行を機についに手に入れたこのX-Pro1。フランス南西部・サルラ(サルラ=ラ=カネダ)のおいしいレストランでその実力をテストしてみます。

※サルラのおいしいお店は、この特集の端々に出てきますので、他の記事もぜひご覧下さい

d0105068_1532141.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mm F1.4R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 「La Rapiere」という地元の伝統料理が中心にお店でランチを頂きます。

 ジューシーでとても大きな牛ステーキの上には伝統的なソースがかかり、少し田舎くさい献立ながらも盛りつけの美しさが際立っています。肉の味わいは絶品で、素朴ながらも繊細な味わいが魅力的でした。さすが食材の街です。

 このお店はホテルのオーナーがお薦めしてくれたレストランでして、前菜・メイン・デザートのミニコースが16ユーロと非常にリーズナブルです。非常に独創的な料理を出すわけではないですが、ツーリストが代表的なこの地の料理を楽しむのにはいいのかなと思います。

 さてこの写真はというと、ソースの立体感が非常に美しく、ボケも自然で非常においしそうな描写です。手持ちのいい加減な撮り方をしていますが、それでこの描写とは恐れ入ります。


d0105068_15522463.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mm F1.4R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 順番は前後してしまうのですが、こちらが前菜です。ニンジンのサラダに、フォアグラのテリーヌを頂きます。フォアグラは重厚なハム感覚で、どのお店でも前菜に出てきます。日本では臭みのあるフォアグラに時々出くわしますが、全くそのようなものはありません。

 少し開いて撮ってみましたが、皿の映り込みもふんわりしていて美しいです。


d0105068_15552587.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mm F1.4R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 バスサミコの少し酸っぱい味わいが新鮮な野菜に絶妙にマッチしています。これだけの観光地ですから、田舎町の俗な食堂に成り下がりそうなところを、洗練されたデザインで出してくるフランスのお店の奥深さに頭が下がります。

 そしてこの描写。マクロレンズでないのにこれだけ寄れて、ボケも丸くきれいでとてもナチュラルです。F2.2なので少しふわっとしたところがありますが、おかしな印象は無いですね。NOKTON50mm F1.5とは違って極めて現代的で、優等生なんですが、嫌みな感じが無いバランスの取れたレンズだと思います。


d0105068_1615933.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mm F1.4R フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 最後のデザートは微妙でした(笑)

 甘くないクリーミーなソースがかかっているケーキです。やる気が無くてこの写真はいい加減に……。

 いきなりマクロな撮影からご紹介したX-Pro1ですが、XF35mmF1.4 Rの描写力が素晴らしく、料理をおいしく見せてくれる強い武器になってくれました。

 料理など近くのものを撮影するのにライカは不利です。味わい深い絵を残してくれるDP2 Merrillも、色表現の点で料理向きとは少し言いがたいところがあります。その点でX-Pro1の方がスナップにも良く、夜景も得意で、料理も美しく撮れるので、旅行に適したカメラなのかもしれません。

 明日はディナー編を掲載しますのでお楽しみに。



(続く)



d0105068_02274528.jpg

d0105068_23193798.jpg


[PR]
by vivid_bit | 2013-10-19 16:18 | XF35mmF1.4 R


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ