カテゴリ:SWH 15mm F4.5 II( 3 )
六義園のしだれ桜と大名庭園
 東京・駒込にある六義園(りくぎえん)は、都内有数の規模を誇る大名庭園として知られています。中でも最大の見所と言えるのが、このしだれ桜ではないでしょうか。


d0105068_00163705.jpg
Leica M8 + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 2013年3月25日 東京・六義園

 この美しいしだれ桜は、例年3月下旬に満開となります。今年はというと、テレビ中継を見たところではもう満開のようですね。上の写真は2013年のものですが、3月25日の時点で既に散り始めています。今年は少し開花が遅いのがよく分かります。

 六義園のしだれ桜は夜間はライトアップされることでも有名で、ライトアップ期間中は特別に夜9時まで開園されます(入場は夜8時半まで)。ただし、かなりの混雑になるようですね。

 上の写真はLeica M8とフォクトレンダーSUPER WIDE HELIER 15mm(35mm判換算で約20mm相当)の組み合わせで撮影したものですが、これだけ広角のレンズでも画面一杯となるので、広角寄りのレンズが必要です。この時は平日日中の天気の悪い日に撮影したため、来園者もそれほど多くなく、少し引いた場所から撮影できたのですが、まさに今日明日のような満開の週末ともなると、かなり接近して撮影せざるを得ません、そうなるとかなりの超広角レンズが必要となるかと思います。


d0105068_00381636.jpg
Leica M8 + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 東京・六義園

 花鳥風月的な写真をそこまで熱心に撮る方ではないですが、とはいえ桜の時期ともなると、その美しさに心が動くのは日本人の性なのでしょうか。

 今日も東京・乃木坂にある乃木公園では、多くの方が満開となった桜にカメラを向けていました。カメラを持ってなくて悔しかったです……。


大名庭園を歩く

d0105068_01243854.jpg
d0105068_02184993.jpg
d0105068_02184378.jpg
SIGMA DP2 Merrill 東京・六義園

 六義園は、徳川綱吉の側用人であった柳沢吉保が造った回遊式築山泉水庭園で、万葉集にも描かれた「和歌の浦」(現在の和歌山県)の光景が造られるなど、庭園の中に、山、谷、川、島、浦といった自然の風景がそのまま盛り込まれています。

 植物は多種多様で、桜の時期にもう若葉が芽吹いている木もありました。


d0105068_00434639.jpg
SIGMA DP2 Merrill 東京・六義園

 写真は上下逆さまではありません。六義園の中でも指折りの大木である、樹齢300年の「吹上の松」を撮影した一枚です。枝を四方に伸ばし、もう水面に付くのではないかというほどです。

 等倍で見ると、針のように鋭い葉の一葉一葉が、目に突き刺さりそうなほどの描写なのですが、超絶解像力のDP2 Merillならではといったところでしょう。

 満開の桜だけでなく、見事な大名庭園を見物してみるのもいかがでしょうか。


d0105068_12225732.jpg



[PR]
by vivid_bit | 2014-03-30 01:27 | SWH 15mm F4.5 II
カルカソンヌの城壁は凄い迫力だった
 フランス南西部にあるカルカソンヌはその城塞の巨大さで有名です。間近で見るとその壁が二重に形成されていて、非常に堅固であることがよく分かります。攻城砲の運用がはじまるまでは、とても攻め落とせない場所であったに違いありません。

 そしてその姿はゲームの世界にあるような中世のお城そのもの。主人公のような気分で門へ近づきます。

d0105068_15041754.jpg
LeicaM9 + SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II  フランス・カルカソンヌ

 いざ城壁に近づくと、恐ろしい高さで壁はそびえ立ち、夕日が黄色く染め上げています。太陽の反対側に当たる澄んだ青空とは対照的な色合いですね。そして、SUPER WIDE-HELIAR 15mmがコントラストの強い、非常に力のある描写をしてくれます。15mmという超広角域の画角が、城の持つ力強さを一層増しているような気がしますね。

 これだけ高い城壁が残っているというのは、その後この地に戦乱が無かったという意味にもなります。15世紀に火砲が発達すると、高い城壁は簡単に撃ち崩されることとなり、その防御的価値を低下することになりました。このような戦争技術の変化を受けて、高い城壁を持つお城から函館の五稜郭のような星形要塞へと姿を変えていくのです。カルカソンヌの城塞は、時代の流れに関係無くそのままであり続けました。

 つまり古風な城の形は、その後の土地の平和の象徴でもあるわけですね。


 で、その中はどうなっているかというと……。


d0105068_15441457.jpg
LeicaM9 + SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II  フランス・カルカソンヌ

 案外人がぎっしりで、俗っぽかったという……(笑)

 やはりザ・観光地というのはこういう風になりがちですよね。



d0105068_02164979.jpg

d0105068_23505111.jpg







[PR]
by vivid_bit | 2014-03-04 18:00 | SWH 15mm F4.5 II
月の港ボルドー ワインの都の水鏡にて
 ボルドーといえば想像するものは恐らくワインでしょう。ではフランスの都市、ボルドーはどんな街だと言われて、想像が付くでしょうか?

 実はボルドーの中心市街地は「月の港ボルドー」という定義で、世界文化遺産に選ばれています。普通「世界文化遺産」と言うとスポット的に特定の歴史的建造物という形で指定されることが多いですが、このボルドーは違います。ボルドーはワイン貿易で栄え、近世からの歴史建造物が多く残っているため、市内人口24万人の都市でありながらも街の中心エリアが面として世界遺産に指定されているのです。

 その中心に位置するのがブルス広場( Place de la Bourse )です。

d0105068_0532571.jpg
LeicaM9  + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

 ブルス広場には「水鏡」( Miroir d'eau )という薄く水を張った施設があり、ブルス宮殿とトラムを眺めるボルドーを代表するシンボルとして知られています。

 どうですか。この絶景?




d0105068_1153558.jpg
Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4

 水鏡の上でダンスの練習をしている二人組がいました。絶景だからこそ絵になります。

 奥に見えるのは旧商工会議所です。フランスの壮麗な建物というと、つい王侯貴族によるものを想像してしまいますが、ワインの街・ボルドーでは、貿易商人が大変な力を持っていたことがうかがい知れます。歴史ある風景も、現代的なアートの文脈に溶け込むことができる点は、さすがフランスの懐の深さといったところでしょうか。

 ちなみに建物のほとんどは石灰岩で造られているのですが、これらの石灰岩は、ボルドー近郊にあるワインで有名なサンテミリオンのあたりから運ばれてきたものだそうです。


d0105068_1291524.jpg
Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4

 なぜここで歩きながら電話しているかよく分かりませんが、なんとなく自由になる場所ではありますね。

 ビジネスの最中のような方がウロウロしていたのも印象的な点でした。






d0105068_1413364.jpg
Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4

 ネオクラシック様式の壮麗な建物が目に飛び込んできます。


d0105068_165281.jpg
Canon EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM

 一定時間ごとに水が引きます。これはちょうど引いたときの写真です。

 観光客もそれなりに多いのですが、それよりも地元の人が大変多く、童心に帰って楽しんでいる様子が見られます。季節ごとにまた楽しみがあるんでしょうね。




d0105068_1219100.jpg
Canon EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM

 友達の男の子に水をたくさんかけられて泣いてました。

 美しい場所には必ずドラマがありますね。




d0105068_1162344.jpg
Canon EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM

 水が引いた後、突然現れるのがこのミストです。ミストが出たときも絵になります。








d0105068_140133.jpg
Canon EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM



d0105068_159395.jpg
Canon EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM

 昼過ぎに突然の雨が降ったのですが、すぐに雲は切れ、空気は一層鋭さを増しています。日が暮れると共にその雲に遠方の光がかかり、色を増していきます。





d0105068_23102910.jpg
LeicaM9  + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

 広場の真ん中には架線の無い最新式のトラムが通り、夕暮れと共にこの広場の美しさが増していきます。ボルドーの西は大西洋。海の向こうから届く綺麗な光が、リゾートを思わせるような夕暮れを演出してくれます。




d0105068_1475519.jpg
LeicaM9 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

 美しい空の下、子ども達は元気です。




d0105068_1542679.jpg
LeicaM9  + Summilux 35mm F1.4 2nd

 日が暮れて、ズミルックス35mmの淡い写りが夜の訪れを描き出します。少しにじんだこの光景は決して大げさなものではありません。むしろ記憶の中のイメージはこの通りと言える気がします。

 ボルドーのこの美しい光景は、一生忘れることが無いでしょう。


d0105068_01135571.jpg
ボルドー(Bordeaux)
フランス南西部の要衝となる都市。アキテーヌ地域圏の首府。都市圏人口85万人。2007年に世界遺産登録。

日本から直行便無し(日本からはパリまたはアムステルダム経由の航空便となる)。またはパリからTGV直行便で約3時間30分(東京から新幹線で岡山あたりまでの所要時間に相当)。

ボルドーで撮影した写真はこちらへ → ボルドー
フランス南西部の美しい町の写真もどうぞ → サルラ





d0105068_02164979.jpg
d0105068_02121600.jpg




[PR]
by vivid_bit | 2013-11-06 18:28 | SWH 15mm F4.5 II


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ