カテゴリ:Summilux 35mm F1.4( 5 )
世界遺産の教会と、光と(ズミルックス35mm / F1.4 作例)
 Summilux 35mm F1.4 の古い世代のレンズは、とんでもなく妖しいボケ玉ということで有名ですが、その描写に見合う素晴らしい写真を手に入れるためには、相当の訓練を要するものと思われます。(では私ができているかって……? いや全然……。)

 私が使用しているのはSummilux 35mm F1.4の第2世代です。このレンズも時代がかったボケで、他に例の無い描写をしてくれます。ハマった時の美しさは絶品です。ただこの相当な曲者ですので、果たしてどうなるものか。

 フランス・カルカソンヌ の城塞内にある歴史ある教会で、クラシックレンズらしさを生かしてみようと思います。

d0105068_22260107.jpg
Leica M9  + Summilux 35mm F1.4 2nd  フランス カルカソンヌ  サン・ナゼール聖堂(バジリカ教会)

 ステンドグラスの向こうから漏れる光の滲み方が、実に特徴的で、とても美しいです。開放で撮影したときにベールがかかったような甘いレンズというものはありますが、このレンズはその域を超えたソフトフォーカスのような描写になります。焦点距離が違いますが、開放でもシャープな描写を見せるVoigtlander NOKTON 50mm F1.5 Asphericalとは対極にある印象です。

 この描写が面白すぎるがゆえに、何でも開放で撮りたくなってしまうところですが、これが過ぎるとつまらない写真を量産することになるので要注意ですね。

 サン・ナゼール大聖堂は、ロマネスク様式とゴシック様式の融合を見ることができ、歴史的にも価値のある建築物です。ところが1600年代になると、カルカソンヌが戦略的価値を失い、城塞地区全体の荒廃が進みました。荒廃したのは聖堂も同様だったようです。

 カルカソンヌ城塞は1800年代に大修復されますが、その手始めはこの聖堂の修復でした。


d0105068_22260622.jpg

 ろうそくの光も優しく、心の中の風景のような神秘的な描写です。先のステンドグラスの写真以上にとても曖昧で絵画的な表現を見せてくれますね。

 ズミルックス35mmの第2世代までは球面レンズのみで構成されています。そのため第1世代、第2世代は大変に柔らかく、甘い描写と独特のボケとなります。この描写に魅せられる人がとても多いそうですが、それも頷けます。多くのレンズがある中で、スペック的には真っ当なレンズで(魚眼レンズやシフトレンズではなく)ここまで独特の個性を持つものはなかなか無いと思います。




d0105068_22592191.jpg

 太陽光が直接入ってこない側を撮影しました。極端な光線状況でなければ、ハイライト部での滲みは出ません。むしろ普通の描写とさえ言えるでしょう。

 フィルム時代は、どういう絵になるのか読めないところがあったのですが、デジタルカメラ時代のライカであれば、このあたりは都度確認ができます。フィルム時代からも有名なレンズではありましたが、デジタル時代でさらに活躍の場を増やすことになりそうですね。



d0105068_23103403.jpg

 ステンドグラスの微細な部分まで解像し、歪みもありません。幾何学的な美しさと教会芸術の神秘を素直な気持ちで受け入れることができます。色彩の美しさについ目が行きがちですが、モノトーンの中から現れてくる造形美も実に見事です。

 聖堂の建築様式だけでなく、このステンドグラスも南フランスの特徴が現れていて興味深く、つい長居してしまうところでした。

 クセも強いこのズミルックス35mm第2世代ですが、改めてこれらの写真を眺めていると、もっと色々な場面に持ち出して、その空気感を演出していきたいと思えてきます。もっと訓練をしないといけませんね!



d0105068_02164979.jpg

d0105068_23505111.jpg


 




[PR]
by vivid_bit | 2014-03-08 23:18 | Summilux 35mm F1.4
ズミルックスと由比ヶ浜の夕暮れ
 Summilux 35mm F1.4 は、数あるレンズの中でも非常に特徴的な一本ですので、モノにするには骨が折れます。

 当ブログでも多くの写真を掲載してきたBiogon28mmF2.8 (Gマウント)とは対照的な写りで、とてもしっとりした甘い写りが特徴的です。このズミルックス35mmを片手に、ふと思い立って鎌倉 まで足を運んでみました。

 (フランスで撮影した作例 もぜひご覧下さい)

球面レンズの妖しい写り

d0105068_23421861.jpg
LeicaM9  + Summilux 35mm F1.4 2nd


 JR鎌倉駅のすぐ隣には江ノ電鎌倉駅があります。江ノ電に乗ってわずか5分で鎌倉大仏にもほど近い長谷駅に到着します。この長谷駅から徒歩5分ほどで由比ヶ浜に到着します。

 さてその写りを見てみるとソフトフォーカスかと思うほどですね。このとろける写りに憧れて購入したのですが、レンズの描写を生かすためには、こういう絵をとりたいという強い思想が無いと、逆にレンズに撮らされてしまうことになりそうです。まだまだ修行は続きます……。

 今回使用しているのはLeicaMマウント向けのズミルックス35mmの第2世代のレンズです。レンズ構成図を見るとよく分かるのですが、非球面レンズを採用した第3世代(1990年)以降と全く違う造りとなっていて、むしろ前身のズマロン35mmに似ているほどです。確かに写りもその傾向を感じます。

 そしてYashica/CONTAXマウント向けのディスタゴン35mmF1.4 と比較しても、体積は何分の一なんだろうかと思うほどコンパクトで旅先には気楽に持って行けるレンズですね。最短撮影距離は1mとかなり長く、近づいてボケを生かすというのは難しいのですが、こればかりは仕方ありません。




d0105068_1242564.jpg
LeicaM9 + Summilux 35mm F1.4 2nd

 この曖昧な描写がレトロなものを被写体にしたときにとてもマッチします。癖玉とも称されるレンズですが、これほどの個性を持つレンズはそう多くはありません。

 ちなみにこの道路は、国道134号線という神奈川でも屈指の渋滞ポイントなのですが、かつては湘南道路という有料道路でした。周辺はすでに市街地化しており、ここに有料道路があったとは想像も付きません。



d0105068_1245873.jpg
LeicaM9 + Summilux 35mm F1.4 2nd

 由比ヶ浜のネーミングライツが、鳩サブレーで有名な豊島屋さんに売却される見込みとの報道がされていますね。公募で名前を集めるとのことですが、このこと自体が注目を浴びることですし、なかなか上手い考え方ですね。

 鳩サブレーという商品自体は社会で広く認知されていて、これ以上知名度を上げることに、広告宣伝上の意味はあまり無いでしょう。それよりは、鎌倉と鳩サブレーのつながりの深さ、歴史への密接性を強調し、広く地元に支持されるブランドとして全国的に知名度を確立することの方が価値が高いと思いますね。


長谷駅周辺を散策する

d0105068_11595643.jpg
LeicaM9 + Summilux 35mm F1.4 2nd

 線路の先に……入口!?

 このお店は長谷駅近くにある「レストラン・ワタベ」という古民家フレンチのお店です。

 踏切も無い線路を越えてお店に入るなんて、新鮮な気分ですね。お店の評価も高く、雑誌でも取り上げられているお店ですね。サプライズなランチ・ディナーをしたいなら足を運んでみてはいかがでしょうか?


d0105068_1259138.jpg
LeicaM9 + Summilux 35mm F1.4 2nd 御霊神社

 鳥居のすぐ隣を江ノ電が走るという恐ろしいシチュエーションです(笑)





d0105068_2343216.jpg
LeicaM9 + Summilux 35mm F1.4 2nd


 長谷駅の周辺も雰囲気があって好きですね。駅の構内踏切を使ったのは久々です。

 開放F1.4で撮影したためふわっとした写りになっています。




ズミルックスを少し絞る

d0105068_23153777.jpg


d0105068_23341984.jpg
LeicaM9 + Summilux 35mm F1.4 2nd


 ここからは七里ヶ浜へ移動。この場所はやたらと駐車場が広いのですが、先ほど取り上げた湘南道路の料金所の名残だからだそうです。道の駅がある訳でもないのに、なんでこんなに駐車場があるんだろうと思ったのですが、この事実を知って合点がいきました。

 さて、携帯がこれだけ普及したのに、ちゃんとしたカメラの持参率が上がっているように感じます。この旅でも多くのカメラ女子に出会いました。しかもしっかりした一眼レフを持っている人も多かったです。もっともっとカメラのことを活用して欲しいです。

 この2枚は少し絞っての撮影です。上はF2.8、下はF2.0だったと思いますが、F2.8のほどよくシャープな写りも魅力的ですし、F2のやはり幻想的でコントラスト低めの写りも少し絞ったときの写りも美しいです。まだまだ勉強不足のレンズですが、絞りによって変わる描写というものをしっかり表現に生かしていきたいですね。




d0105068_02164979.jpg


[PR]
by vivid_bit | 2013-05-15 01:05 | Summilux 35mm F1.4
分岐点を探す旅 (M9片手に九州へ)
 LeicaM9を試しに使ってもよいとのお告げを頂き、これ幸いと九州へ。


d0105068_1226774.jpg
Leica M9 + Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 夕暮れ時の雲の流れがダイナミックだ。路上にはすでに夜の空気が近づき、ヘッドライトの明るさが目に飛び込んでくる。







d0105068_12293787.jpg
Leica M9 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPHERICAL

 子どもの頃、新幹線に乗ることが多かった。

 早朝の東京駅から延々と新幹線に乗って博多までたどり着く。もう時間は午後の1時半だ。

 それからホームを変えて、熊本県南部にある人吉駅を目指して急行くまがわに乗り込む。ここから4時間以上の長い旅だ。

 人吉に着く頃には午後7時近い。だが、長い旅をした後に祖父と祖母に会える楽しみは格別であった。

 博多駅は旅の中間地点であり、都市から地方への分岐点という意識が心の中ではあった。

 ホームで鳴るジリジリというローカル色満点のあの響きこそ、分岐点の象徴だったように思う。

 博多駅に来たのは久しぶりだったが、現代JRを象徴する巨大な駅ビルに生まれ変わっていた。

 直線的なデザインが多用され、表示板は異様に明るく、都市の象徴とも言えるモダンな重厚感がある。

 だが残念ながら地方への分岐点という心のざわめきはそこには無かった。

 どこかで見たことのあるような光景。大宮駅、大阪駅、姫路駅、こんなあたりと雰囲気は変わらない。

 分岐点を探す旅。そんな気がした。









d0105068_1246959.jpg
Leica M9 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPHERICAL








d0105068_12501257.jpg

Leica M9 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPHERICAL

 現代的なデザインに生まれ変わった駅に現代的なMマウント対応レンズなので、ちっともライカらしくない絵である。

 でもCONTAXも愛する自分にはこういう絵が撮りたくなるシーンの方が多かったりする。

 やっぱり都会である。地方という感じがしてこない。





d0105068_12522750.jpg
Leica M9 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

 特急みどりに乗り込み、まずは九州本線を進む。

 子どもの頃、特急かもめやみどりが博多駅を出発していくのを見て、うらやましいと思っていたのだが、
 それから随分たってしまった。人生初の長崎本線である。

 しばらく走ると、鳥栖駅が近づいてくる。

 鳥栖駅手前の貨物操車場は、九州の真ん中に攻め込んでいくのだとワクワクさせる場所だ。

 鳥栖は交通分岐点と子どもの時でも知っていたので、ここから長崎方向に入っていけるのかと思うと
 新鮮な興奮がある。

 M8では味わえなかった超広角の画角に、湿っぽい情景が合うようだ。









d0105068_12564920.jpg
Leica M9 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

 人生初の長崎本線もあっという間に終わりである。

 所用で佐賀駅に立ち寄り、地元で人気のある定食屋「ゴッドマザーイマイ」に立ち寄る。

 なんとも県政関係者もよく使う場所なんだとか。

 ボリューム満点で色々な定食があり、すでに店は満員であった。

 マグロ串カツ定食を選んだが、予想以上にボリュームのあるマグロにしっかりしたコロモがついていて
 これがタルタルソースと絶妙に合う。他の定食と比べてオカズが少ないのかと思ったらそうでも無い。
 デザートが食べきれないほどであった。






d0105068_13133140.jpg
Leica M9 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

 今度は「白いかもめ」885系列車に乗り込む。








d0105068_1382211.jpg
Leica M9 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

 新鳥栖駅へ。

 新幹線改札に入る前に、一度改札を出て外を眺めてみる。

 何も無い。

 恐ろしいほど何も無い新幹線駅だ。

 だが、よく見ると道路は綺麗に整備され、まっすぐ延びた道路はがん治療専門の大型病院とつながっている。
 この病院には中国から治療しに来る患者もいる専門医療施設の整った病院だという。

 日本の里山を背景に新しい道が広がる光景には見覚えがあった。

 自宅周辺の港北ニュータウンだ。

 最初に道が開けたとき、まさにこういう眺めであった。

 地方へ踏み込む分岐点、そう思って着いた先は、過去の記憶の地だったのか。








d0105068_13211072.jpg
Leica M9 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II








d0105068_13221342.jpg
Leica M9 + Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 新鳥栖から南を目指す。

 新鳥栖を出て、子気味の良い加速を見せつけてくれる九州新幹線。

 さすがは新幹線は違うと思うのもつかの間、あっという間に減速がはじまる。

 新久留米に到着。

 駅は新幹線型のホーム設計ではなく、本線と待避線が分離していない相対ホームだ。

 反対側に止まった博多行の列車もすぐそこに見える。

 考えてみれば幹線ではありえない光景な訳で、これはこれで新鮮だ。

 船小屋、大牟田、玉名とローカルな駅をつなぎつつ、熊本を目指す。

 それにしても速い。各駅に止まっていてもこの速さだ。

 急行くまがわでのあの長い旅路はなんだったのかと思う速さだ。







d0105068_1330990.jpg
Leica M9 + Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 熊本も都会であった。

 熊本の中心地は駅周辺ではなく、熊本駅周辺は子どもながらにもちょっと残念な雰囲気があった。

 だが、今では駅の大規模な改修が進んでおり、モダンデザインの広場が駅前に広がっている。

 都市と地方の分岐点は、表面的に目に見える光景だけは決められないのだろう。

 モダンな駅前広場に入ってくる市電を見ながらそう感じていた。







d0105068_13442036.jpg
Leica M9 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPHERICAL



■こちらの記事もどうぞ!

ライカM8と駅の組み合わせでこのような記事もあります。
 → 最終日・東横線渋谷駅・そして人 http://kozalog.exblog.jp/18238743/

ライカM9とSummiluxの組み合わせでこのような記事もあります。
 → ズミルックスと由比ヶ浜の夕暮れ http://kozalog.exblog.jp/18764552/


d0105068_02164979.jpg


[PR]
by vivid_bit | 2013-04-27 13:48 | Summilux 35mm F1.4
ミッドタウン・六本木・夜桜
 昨日に引き続き六本木の東京ミッドタウンの夜桜を見物してきました。ミッドタウン周りの外周道路沿いには桜が植えられており、美しいライトアップがされる新しい東京の名所となってきています。(昨日の記事はこちら

 その名も「さくら通り」という外周道路を持つ東京ミッドタウン。例年は3月20日から4月20日頃まで、桜の開花に合わせたイベントが開催されています。桜が綺麗なのは乃木坂方面から中央裏手の芝生広場にかけての1/4周分のエリアです。夜はライトアップされ、昼の桜とは違った雰囲気が味わえます。

 昨日はEOS 5D MarkIIでしたが、今日はLeicaM8で撮影してみます。どれだけ絵が違うのか比較して見てみましょう。


d0105068_22183147.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 すでに六本木の桜は満開で、イタリアン「ピッツェリア・トラットリア・ナプレ」のテラス席からはライトアップされた美しい桜が目に飛び込んできます。遠くからでも圧巻の眺めです。

 このイタリアン「ナプレ」のピザは絶品です。以前ほど長い行列はできていないので、六本木で店に困ったらぜひ。(それでも人気店であることには変わりがありません)

 案内図ではこの「ナプレ」はガレリア・ガーデンテラス1階にあるのですが、この写真でご覧の通り、地面からはかなり高いところに位置しています。東京ミッドタウンの正面側と、芝生広場のある裏側では地面に傾斜があり、赤坂方面にかなり下がっているため、芝生広場側では地下1階が地表フロアになります。桜を見るなら1階のフロアの各レストランがお薦めですね。2階以上だと遠くなりすぎてしまうかと思います。



d0105068_22182116.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 とはいえテラス席はちょっと寒いですね。今日はコートが手放せません。ストーブが置かれていますが、どれほど暖かいのでしょうか。

 絞り開放での淡い写りが雰囲気に合ってちょうどいいですね。背景は少し現代的なライトアップがされていますが、ズミルックスの曖昧さがほどよく中和してくれます。



d0105068_2218642.jpg
Leica M8 / Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm f4.5 ASPHERICAL II

 こちらはSUPER WIDE-HELIAR 15mm f4.5 ASPHERICALで撮影。

 きりっとした解像度の高い写りがSummilux35mmと大きく異なります。非常に現代的で先鋭的な描写が目に飛び込んできます。イラストのようなアーティスティックに描写したような桜の姿が特徴的です。




d0105068_22174855.jpg


 手持ちで柔らかい写真を撮りましたが、夜桜には三脚を立ててしっかり撮るのがおすすめです。

 周りには三脚を立てて撮影されている方が何人かおりましたが、それほど多くないなというのが正直な印象です。案外混んでいなかったため、三脚を立ててもそれほど迷惑そうではありませんでした。


d0105068_22173313.jpg






d0105068_22171868.jpg





d0105068_2217355.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)





d0105068_2216472.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 下では桜のイベントをしており、飲み物のワゴンに長い行列が出来ていました。

 とはいえ日曜日午後7時台でもそれほど混雑していません。まだ寒いからですかね。






d0105068_22163676.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 ミッドタウンに「火龍園」というスタイリッシュな中華料理屋さんが入っているのですが、こちらからの眺めは抜群です。

 「ナプレ」のテラス席ほどの眺めは望めませんが、上から桜も見つつ、新世代中華を味わうのはいかがでしょうか。

 和食のように各地の新鮮素材を生かしたあっさりした味わいが絶品です。







d0105068_22162242.jpg
Leica M8 / Summilux 35mm F1.4 (2nd)

 予想以上に早い開花で、桜のイベントが4月も続けられるのか心配になってきてしまいます。

 今はまさに満開で、葉っぱもほとんど出てません。ミッドタウンの桜を見るには今がおすすめです。


[PR]
by vivid_bit | 2013-03-24 22:24 | Summilux 35mm F1.4
さよなら渋谷駅
3月15日で東横線渋谷駅の地上駅舎が閉鎖となり、16日から地下化されることになります。

長年親しんだこの駅舎ですが、中学時代から往復に使っていたので、簡単に計算すると2400回は通ったことになります。


スーパーワイドヘリアー15mmで撮る


d0105068_1464516.jpg


SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical IIで撮影しています。(換算20mm相当)

視界にはなるべく入らないように撮影していますが、渋谷駅には多くの方が集まり、駅の風景を撮影されていました。


d0105068_1445545.jpg


銀色のにくい奴。明日からは地下を走ることになるわけです。

駅舎のど真ん中に首都高速が通っているのもなかなか面白いところです。



d0105068_144349.jpg


かまぼこ型の駅舎とももうお別れですね。



d0105068_144204.jpg


着物屋のご主人も、毎日使った駅が無くなってしまうのは寂しいよねとおっしゃってました。

普通の人がカメラを向けている渋谷駅の姿を見ていると、多くの人に愛された場所だったんだなと痛感します。

こうして改札を通るのもなんてことは無い日常でした。




d0105068_144486.jpg
終日混雑する渋谷駅ですが、恐らく最終日はとんでもない混雑になるんでしょうね。



d0105068_1422432.jpg
ノーファインダー撮影も楽しいですね。


Nokton50mmで撮る



東横線渋谷駅の地上駅舎がついに営業終了。本日朝から副都心線との直通運転が開始が開始されました。


d0105068_12331520.jpg

Leica M8 + NOKTON 50mm F1.5 (以下同じ)

今となってはこの景色も懐かしいですね。



d0105068_1233062.jpg

東横線で9000系の営業が終わること自体知らなかったのですが、運良く9001Fに遭遇。


d0105068_12324372.jpg
地上駅ならではの強い光と蛍光灯の色とコントラストが懐かしい。



d0105068_12322167.jpg



東急の車両の代替わりが進んで、ついこの間まで飽きるほど走っていた車両が無くなっています。

地上駅が無くなると同時に、色々な発見がありました。



ズミルックス35ミリと最後の渋谷駅


 そしてズミルックス35ミリで捉えた写真を掲載します。
d0105068_1248065.jpg




d0105068_12474834.jpg





d0105068_12473388.jpg
最終日の下り電車の姿です。

[PR]
by vivid_bit | 2013-03-14 01:51 | Summilux 35mm F1.4


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ