汐留の近未来風景
EOS 5D
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical [IF]
東京汐留・日本テレビ本社ビル前

d0105068_22274825.jpg


HDR画像作成ソフト「Photomatix Pro 3.0」で、明度差の大きい被写体を一つにまとめてみました。

本来このように厳しい逆光のある被写体では、中間的な部分が飛んでしまうところですが、ビルの色合いや隣のビルから反射した微妙な色合いがうまく表現できています。三脚は使っていませんが、ブレ具合も見られず問題ないですね。

下に振って撮るとこんな感じです。
d0105068_2231516.jpg

地表を平面が行き来する様子もこのように表現できています。新たな表現領域が広がったという印象を受けますね。


d0105068_22481055.jpg

横位置にするとCGで造ったような印象が増します。目で見る世界と違い、嘘くささが増すからですかね。

今回の使用ソフト「Photomatix Pro 3.0」は、Zorg会員(無料)になると格安で購入することができますが、キャンペーンは今月末までですので興味のある方はお急ぎ下さい。
http://www.zorg.com/store/products/photomatix/




にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ / にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2008-10-27 22:40 | SP AF17-35mm F/2.8-4
<< 夜の街にEF135mm F2L... 六本木ヒルズからの夜景をHDRで >>


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ