Biogon21mmだからこその世界
 CONTAX Gシリーズを買うなら、Biogon21mmかHologon16mmを買えという風によく言われるのですが、いざ使ってみてその意味が分かりました。この写真はBiogon21mmF2.8のファーストショットです。

d0105068_1503824.jpg
CONTAX G2 + Biogon T*21mm F2.8 新宿

 完全に澄んでいるわけではない青空がこの通り。見事なコンタックスブルーに美しいグラデーション。深い青に驚かされます。そして気持ちのいいぐらいまっすぐでゆがみの無い鋭い直線が描き出されています。この描写には「参りました」という他ありませんでした。

 超広角レンズとしてSIGMA12-24mmとCanon EF-S 10-22mmを使用した経験があり、後者は今も現役(前者に片ボケがあったため返品し、こちらを購入)ですが、その実力に数段の違いがあると認めざるを得ません。EF-S10-22mmで35ミリ判で21mm相当の写真を撮ってみたとしても、周辺への絵のひっぱり具合、ディストーション、片ボケの有無、解像力、コントラストなどの点でBiogon21mmには太刀打ちできていません。

d0105068_01344850.jpg
CONTAX G2 + Biogon T*21mm F2.8 京都・高台寺

 静寂に包まれる京都の茶屋もしっとりと写し出します。周辺画質の低下も無く、像も全く引っ張られることなく自然な描写という一言に尽きます。対称型のレンズゆえの周辺減光がこのような場面では非常にドラマチックな描写として生きます。


d0105068_01401617.jpg
CONTAX G2 + Biogon T*21mm F2.8 京都 東福寺 方丈庭園


 スキャンの関係でやや緻密さが失われていますが、それでもなおこの描写の素晴らしさをご理解頂けますでしょうか。非常に幾何学的な様相を見せる方丈庭園で、ビオゴンらしい歪みの無い真っ直ぐな線が気持ちが良いです。

 で、やっぱり思うのですがこういった優れたレンズとカメラこそ素人の方に触れてもらいたいということです。今のご時勢、ネコも杓子もデジタル一色ですが、画像補正に慣れていない人ではカメラが押し付ける色具合に騙されたままそのカメラやレンズとお付き合いせざるをえません。しかしアナログであれば、そのレンズやカメラ、フィルムの特徴を手に取るように理解することができます。カメラというのはこんなに綺麗なものが撮れるのか、自分の手に残すことができるのかということをぜひ知ってもらいたいなと思います。
 

d0105068_1442110.jpg

[PR]
by vivid_bit | 2007-03-09 02:12 | Biogon 21mm F2.8
<< JPS展に入選しました クイーンエリザベス号を横浜港大... >>


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ