バリ島の青空+旅行用のおすすめ機材とは
 意外にすっきりと晴れてくれないバリ島ですが、きれいに晴れた瞬間を狙って撮影してみました。CONTAX T3は抜けのいい空を切り取るには最適のカメラですね。


CONTAX T3
Sonnar 35mm F2.8
バリ島 リッツカールトン・バリ

d0105068_2125976.jpg
 
 CONTAX T3はレンズ交換が出来ないコンパクト型のフィルムカメラですが、その写りはそこらの一眼レフ用レンズを明らかに凌駕しています。この濃厚な描写は海外旅行などで使うことを想定していたのでしょうか。

 ちなみにこのカメラ、ある程度寄れます。寄って撮ったときのボケもまた美しく、レンズの設計の良さを感じることができます。

 普段、「海外旅行で綺麗な写真が撮りたいけど何かいいのがあるか?」と聞かれることがあるのですが、そういうときはCONTAX T3などの銀塩高級コンパクトカメラにリバーサルフィルムを詰め込んで撮影することを薦めています。デジカメは、一眼レフを含めて色補正を後ですることが前提の仕上がりであることが多くて、デフォルト設定だとくすんだ色になりがちです。逆にリバーサルフィルムなら誰が撮っても綺麗な色に仕上がりますから、むしろアナログの方が普通の人にはいいと思っているんですけどね。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2007-02-27 02:25 | Sonnar 35mm F2.8
<< クイーンエリザベス号を横浜港大... 国立新美術館・新しいレストランにて >>


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ