夕暮れ時はリバーサルフィルムと共に
 デジタルカメラ時代になって緻密な絵が普通になってきていますが、リバーサルフィルムのちょっと曖昧で独特の色合いもまた写真の良さを思い出させてくれます。

 この日は空気が恐ろしいほど澄んでいて、夕暮れ時には大変な光景が見えるだろうと期待してお台場へ向かいました。ところが現地に着いてみると、雲は重く垂れ下がり、薄く暗くなるばかり。落胆して、海に浮かぶ謎のサンリオキャラクターを眺めていた……その瞬間のことでした。


d0105068_16215980.jpg
CONTAX G2 + Planer 45mm F2 + RVP100 2010年8月 お台場

 沈みかけた太陽から、急に茜色の光が雲と地上との間に差し、雲を染め上げたのです。この光景に、砂浜で遊んでいた人々の動きは止まり、ただ立ち尽くすだけでした。

 リバーサルならではの油絵のような濃厚な描写は、まさに記憶色といえる美しさです。CONTAX G2とカールツァイスレンズ群は、劇的な場面を期待通りの美しさで描写してくれます。標準域のPlaner T* 45mm F2 もこれは同様ですね。

 ちなみに同じ場所で撮ったデジタルの写真は何枚もあります。別の時の写真ですがこの通り。

d0105068_16395812.jpg
EOS Kiss Digital N + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 2007年6月

 端正で素直な描写で、これはこれでとても良い絵です。比較して見てみると、リバーサルの美しさはとんでもなく独特だというのがよく分かりますね。

 たまにはフィルムを手に出かけてみてはいかがでしょうか?



[PR]
by vivid_bit | 2014-04-29 16:52 | Planar 45mm F2
<< スイスの車窓から(ゴルナーグラ... 六本木・東京ミッドタウンの桜を... >>


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ