カルカソンヌの城壁は凄い迫力だった
 フランス南西部にあるカルカソンヌはその城塞の巨大さで有名です。間近で見るとその壁が二重に形成されていて、非常に堅固であることがよく分かります。攻城砲の運用がはじまるまでは、とても攻め落とせない場所であったに違いありません。

 そしてその姿はゲームの世界にあるような中世のお城そのもの。主人公のような気分で門へ近づきます。

d0105068_15041754.jpg
LeicaM9 + SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II  フランス・カルカソンヌ

 いざ城壁に近づくと、恐ろしい高さで壁はそびえ立ち、夕日が黄色く染め上げています。太陽の反対側に当たる澄んだ青空とは対照的な色合いですね。そして、SUPER WIDE-HELIAR 15mmがコントラストの強い、非常に力のある描写をしてくれます。15mmという超広角域の画角が、城の持つ力強さを一層増しているような気がしますね。

 これだけ高い城壁が残っているというのは、その後この地に戦乱が無かったという意味にもなります。15世紀に火砲が発達すると、高い城壁は簡単に撃ち崩されることとなり、その防御的価値を低下することになりました。このような戦争技術の変化を受けて、高い城壁を持つお城から函館の五稜郭のような星形要塞へと姿を変えていくのです。カルカソンヌの城塞は、時代の流れに関係無くそのままであり続けました。

 つまり古風な城の形は、その後の土地の平和の象徴でもあるわけですね。


 で、その中はどうなっているかというと……。


d0105068_15441457.jpg
LeicaM9 + SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II  フランス・カルカソンヌ

 案外人がぎっしりで、俗っぽかったという……(笑)

 やはりザ・観光地というのはこういう風になりがちですよね。



d0105068_02164979.jpg

d0105068_23505111.jpg







[PR]
by vivid_bit | 2014-03-04 18:00 | SWH 15mm F4.5 II
<< 世界遺産の教会と、光と(ズミル... NOKTON50mmF1.5を... >>


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ