カメラを持ってプラハへ カラフルを楽しもう
 プラハはモノトーンが合う街なのですが、中世らしいかわいい街並みは色彩の美しさも兼ね備えています。どういう絵を撮るか、とても悩ましいところですね。

d0105068_11413481.jpg

EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8 L USM

 地下鉄の駅の駅名表示板とトンネルに貼り付けられた内装が大変美しく、見とれてしまいます。プラハの地下鉄のは独特の美しさに満ちています。

 プラハ市内の移動手段としてはトラムが有名ですが、地下鉄も忘れてはいけないですね。

 このMuzeum駅(ムゼウム駅)は綴りから見て分かるとおり、国立博物館のある駅です。地下鉄のA線とC線の乗換駅で、プラハの中心地域にあります。日本でいうところの上野駅といったところでしょうか。

 プラハ地下鉄を利用する際に一番困ったのは、アナログな自動券売機しか駅に置いておらず、その券売機の説明がチェコ語で書かれていたことです。駅員も無く、小銭しか投入できず、細かいお金が無い旅の始めには厳しい状況でしたね。皆様お気を付け下さい。



d0105068_1142743.jpg

 美しいデザインのあるところでは、人々の姿もまた美しいものです。

 デザインはいいのですが、エスカレーターが恐ろしく速いのも印象的でした(笑)


d0105068_11431698.jpg


 国鉄のプラハ本駅は外装はクラシックですが、中は現代化されています。こちらどことなくアートを感じますね。

 国際駅の雰囲気に満ちており、長距離を旅する人々が思い思いに準備している様子も見て取れます。


d0105068_11461167.jpg


 夕暮れ時の街並も美しいです。

 ちょっとした観光地では、このような風景が多少あっただけでも名所となりますが、プラハでは満然と歩いてもずっとこのような街並みが広がり、被写体にして困るところがありません。


d0105068_114711.jpg


 電停でトラムを待つ人の姿も印象的です。


d0105068_11475663.jpg


 翌朝、プラハの旧市街に繰り出します。

 観光地で有名なカレル橋は観光客に溢れています。人のいない「中世の橋」という雰囲気を写真に撮るなら早朝に出かけるのが良さそうです。



d0105068_1147286.jpg


 カレル橋を渡ると中世の街並みが広がっています。パステルカラーのかわいい色合いが印象的です。





d0105068_1150946.jpg


 観光客向けのオープンカーも多く走ってます。これはこれで雰囲気があっていいですね。

 カレル橋からプラハ城にかけてのエリアは観光のゴールデンルートとも言うべきエリアですが、素敵な建物が多く、歩いていて飽きることがありません。

 坂がきついので、トラムで一気に登ってしまうという行き方もあるのですが、写真を撮りながら歩いているとそれほどつらくありません。


d0105068_11534983.jpg


 旧市街から坂を登り切ると、プラハ城があります。ここにある聖ヴィート大聖堂のステンドグラスは一見の価値ありです。



d0105068_11514967.jpg

 チェコは一人あたりのビール消費量ナンバーワンと言われてますが、ビール以外のお酒も豊富なようです。



d0105068_11521746.jpg
 ということで日中から飲んでいる人もたくさんいます。肉料理や揚げ物の料理が酒と合うんですよね。


d0105068_1334096.jpg

 スナップ写真は偶然の出会いから生まれる面白さがあります。

 それが見知らぬ土地なら尚更です。
 

d0105068_11563673.jpg
 古い街並みを駆け抜けるトラム。最初に地下鉄をご紹介しましたが、狭い道にも路線が敷設され、高頻度で運行されているプラハのトラムは有名です。乗るのも被写体にするのもありがたい存在ですね。



d0105068_133830.jpg


[PR]
by vivid_bit | 2013-08-18 12:01 | EF24-70mm L USM
<< フランスの最も美しい村へ 写真... クラシック音楽が転がっている街... >>


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ