最終日・東横線渋谷駅・そして人(再掲)
 東急東横線渋谷駅の地上駅舎が、ついに最後のときを迎えます。2013年3月15日終電をもって地上駅舎での営業を終了し、明日16日からは駅舎を地下化し、東京メトロ副都心線との直通運転がスタートします。

 これに伴い渋谷駅手前の代官山駅から約1.4kmの線路が地下化され、地上を行き交う電車の姿を見ることもできなくなります。その最後の様子を撮影しました。

 (2014年3月16日、地下化一周年を記念して写真を追加し、再編集しました。)

d0105068_1575973.jpg
Leica M8  + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 

 金曜日の午後11時、多くの人が渋谷駅の駅舎に向けてカメラを向けている光景がそこにはありました。その多くは一般の人で、鉄道愛好家という雰囲気はありません。多くの普通の人に愛され、この場所を通じてドラマがあったことが分かります。

 明るく光る駅舎の中を多くの電車が行き来する日は、今日が最後です。地上駅舎自体は1927年から、そして現駅舎自体は1964年から使われてきましたが、もう地上で見ることはできなくなります。



d0105068_20213298.jpg
 世界的にも屈指の乗降客数を誇りながら、地下に渋谷川が流れる窮屈な立地にあるこの駅舎もいよいよ最後です。

 これだけ有名な場所でありながら、駅東側はかなり雑然としています。この雑然としたところが渋谷らしいといえば渋谷らしいと言えますね。

 ただ、この渋谷の中心地は、すでに竣工した渋谷ヒカリエに加えて、今後東横線駅舎跡に建てられる予定の地上46階、高さ約230メートルの高層ビルなどの巨大な建築物が林立することにより、都内屈指の高層ビル街に姿を変える見込みです。戦前の東横電鉄・玉電時代から続く不思議なカオスさを持つ駅周辺の雰囲気もがらっと変わることになるでしょう。

 すでに明治通りそばのタクシー乗り場や銀座線近くでは、巨大な高層ビル建設に向けた準備が進んでいます。


d0105068_1514211.jpg
 駅前の歩道橋には多くの人がいましたが、時間も遅いせいか激しく混雑というほどではありません。

 東横線の駅写真を撮られているプロカメラマンの中井精也さん(とテレビ局の取材陣)もちょうど歩道橋の上に来ていました。

 激しい混雑というほどでもないため、立ち止まらないなどの注意もされることなく、皆思い思いに最後の風景を見つめています。
 「85年分のありがとう 東横線渋谷駅」と題した東急電鉄の自社広告も感動的で、多くの人が写真に収めています。みんなFacebookにアップしたのでしょうか。


最後の警備


d0105068_13440956.jpg
d0105068_13435077.jpg
 駅員や警備員、東急スタッフが総動員で警備に当たります。



d0105068_1372247.jpg
Leica M8  + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 



d0105068_1374786.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical 



d0105068_2093211.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical  

 後者ホームには多くの警備員が配置され、立ち入れないようにしていました。時間が遅くなりにつれ、警備員以外にも東急社員が総出で対応に当たります。改札口付近ではスタッフが人間の壁を作り、人を誘導しています。

 上の写真で映り込んでいる女性が、いかにも普通の方という感じでお分かりのように、最後に集まっていた多くの方は一般の人たちでした。また変な騒ぎも起きず、もみ合いも無く、秩序正しいままカウントダウンが進んでいきました。
 最終電車はこの次です。刻一刻とその時が近づきます。


d0105068_13440634.jpg
Leica M8  + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 
d0105068_20104310.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical  

 仕事帰りの皆さんも、ホームの模様と最後に入線してくる車両をカメラに納めようとしています。



d0105068_150344.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical  

 電光掲示板に多くの人がカメラを向けます。

 ほとんどの人が何かしら撮影されてましたね。皆に愛されている駅だということの証拠ですね。




d0105068_14595042.jpg
Leica M8  + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical  

 ついに元住吉行きの最終電車が出発します。

 この電車と次の回送電車をもって、東横線代官山駅と渋谷駅間の地上線は営業を終了し、同時に地下に建設中であった線路と、現在の線路を接続する作業が開始されます。代官山駅ではその切り替え工事のために多くの工事関係者が待機している頃です。

 ちなみに最後の回送電車は武蔵小杉駅から渋谷に到着した臨時の上り最終電車の折り返しとなる電車です。この最終の上り電車には多くの鉄道ファンが乗車していました。
 多くの人が最後の下り電車に乗りこみました。中には電車の中から撮影している人もいます。普段駅で撮影しているのは鉄道ファンだけですが、今日は誰もがこの様子を記録しています。



d0105068_20282018.jpg
Leica M8  + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 

 最終電車がゆっくりと発車していきます。

 さようなら渋谷駅! 今までありがとう!


■過去の記事

■ブログご紹介

 さよなら渋谷地上駅 / SAILIN' SHOESさん
http://blog.goo.ne.jp/funamyu/e/2f049fd98448c6f669b2541e6330e80f
最終日のお写真を朝昼夜と掲載されており、当時の空気感が伝わってきます。
NEX-6で撮影されたキレのあって透明感のあるお写真が美しい!

[PR]
by vivid_bit | 2014-03-16 21:53 | NOKTON50mm F1.5
<< X-Pro1の素晴らしさを改め... 旅カメラはどうすべきか XF3... >>


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ