タグ:EOS 5D Mark2 ( 16 ) タグの人気記事
マッターホルンの下、星空撮影の夜
 高山に登り、澄んだ空気の下で星空の撮影をするのが夢でした。

 これだけが目的の旅ではないので機材が揃っているわけではないですが、海外旅行に邪魔をしない道具だけでもここまで撮れるというのをお見せしたいと思います。

d0105068_12283656.jpg
EOS 5D MarkII + TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] / ISO3200 17mm F4.0 27秒

 スイスで星空撮影したい方の参考になるかと思いまして、撮影データも記載してみました。

 天の川もくっきり写り、無数の星の下で明るく輝くマッターホルンが美しいです。空気が実に綺麗でただ眺めているだけでも涙が出てきそうなくらい神秘的な光景でした。

 デジタルカメラの進化として一番大きいのは、高感度での美しさが大いに増したことではないでしょうか。ISO3200という超高感度で美しく撮影できるというのは、フィルム時代には考えられません。しかも相反則不軌(長時間露光すると徐々に感度が低下してくる現象)が起きないので長時間露光が不要であり、気軽な星空撮影が可能になりました。これが一手間、二手間かかるようであれば、私も撮影をあきらめてホテルで寝ていたと思います(笑)

 ちなみにこれを撮影したのは山岳ホテル「ホテルリッフェルベルク」(Hotel Riffelberg)のレストラン前にあるテラスから簡易三脚を使って撮影という気軽さです。



d0105068_12452241.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8 L USM / ISO1600 28mm F2.8 9秒

 ツェルマットの上空に雲が湧いてきます。こう見ると山岳リゾートの街・ツェルマットも大変明るく、下界にあることがよく分かります。比べてこちらはというと……何も無い漆黒の世界です。

 実は先ほどお見せした写真の少し前に撮影したもので、この時は月が出ていませんでした。月が出てくるとあたかも昼間のような景色になることがよく分かります。






d0105068_12512163.jpg
EOS 5D MarkII + TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] / ISO3200 17mm F2.8 21秒

 上の写真から40分ほどで雲が谷一杯に広がりました。雲の下にツェルマットの街明かりが見えています。リッフェルベルクは雲海の上にあり、天空の城にいるかの光景です。

 ツェルマットから星空の撮影をするには、色々と制約があることがこの写真からお分かりだろうと思います。山岳ホテルは本当におすすめです。

 ちなみにこの写真を撮影したのは8月の上旬です。ユニクロのヒートテック(タイツ)とマイクロダウンジャケット(半袖)、ジャージがあれば30分ぐらいは平気で居られるぐらいの気温でした。





流星の夜


d0105068_1373632.jpg
EOS 5D MarkII + TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF]

 マッターホルンの右上に縦線が入っているのが分かりますか?

 流星です!

 絵的にはアレですが、なかなか得られない体験に思わず嬉しくなってしまいます。

 風も全くない状態だったので、カメラを三脚に設置してシャッターを開きっぱなしにします。そのまま部屋に戻って入浴することにします(笑) ちなみにホテル・リッフェルベルクの部屋には広々としたバスタブがあり、しかも窓もついているので、アルプスを眺めながらのんびりお湯に浸かることも可能です。




d0105068_13303077.jpg
EOS 5D MarkII + TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] / ISO100 17mm F11 30分露光

 星空には無限の可能性を感じてしまう、というのは言い過ぎでしょうか。

 見ていて飽きない景色とはこういうことを言うんでしょうね。

 普段は星も見えない大都会で過ごしていますが、この星空を目にして心が洗われるような気がしました。皆様も、綺麗な星空を眺めて、心のリフレッシュに挑戦してみてはいかがでしょうか?


▼次に夕暮れのマッターホルンはいかがでしょうか? こちらのスイス旅行記をご覧下さい!
d0105068_12435324.jpg


▼スイス旅行の次は、中世の街・プラハへ!
d0105068_133830.jpg


関連記事


 スイスの重厚な山並みを底知れない解像力を持つDP2 Merrillで撮影しました。

[PR]
by vivid_bit | 2013-08-10 13:24 | SP AF17-35mm F/2.8-4
スイス・マッターホルンへの鉄路とモノトーン旅行記
 大自然のあるところは素晴らしい色で表現したいものですが、モノトーンで表現される陰影にも絶妙な美しさがあります。

 カメラを片手に電車でスイス・マッターホルンを目指します。


d0105068_1320249.jpg
EOS 5D MarkII + TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF]

 線路の傍らで乳白色の川が、谷間の村の合間をかき分けるように流れ、荒々しい波を立てています。電車はかなりの急勾配を登っていくのですが、それと同じく川も急勾配で流れていることになるのです。

 こんなダイナミックな風景が、マッターホルン観光で有名な街・ツェルマットを目指す電車の車窓から楽しめます。



d0105068_19132131.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8 L USM

 それにしてもこの乳白色は……あ、氷河が削った岩の色ではないかと気づいたとき、日本では無い別の地球科学的な場所に立っているという実感が湧いてきます。

 ミネラルウォーターを選ぶとき、何の考えもなく「硬水」「軟水」を選んでいますが、この水もヨーロッパ大陸に残る氷河と分厚い岩盤層が築いた味なのだと考えると、スケールの大きな話です。



d0105068_0124117.jpg

 列車の向かい合い席の間には小さなテーブルが設置してあります。この小さなテーブルの表面には、スイスの街と鉄道路線の描かれた地図がプリントされていました。旅の気分はより一層高まってきます。


d0105068_1321266.jpg
EOS 5D MarkII + TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] ヘルブリッゲン駅 ( Herbriggen )





d0105068_13212621.jpg
EOS 5D MarkII + TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] ランダの山崩れ跡

 さて、マッターホルン・ゴッタルド鉄道( Matterhorn-Gotthard-Bahn )のこの路線は氷河急行が通ることでも有名ですが、乗ったのは普通電車です。しかしながら車窓に合わせて席を自由に変えて、色々な眺めを楽しめるのは空いている普通電車ならではの楽しみです。ちなみに、すれ違った氷河急行はほぼ満席で、席移動など楽しめる雰囲気ではありませんでした。

 ランダ村の山崩れ跡を通過し、川沿いの鉄路を登る電車の前方に現れたのは、想像以上に荒々しい岩肌を見せながらも整った形状をしているマッターホルンでした。少し傾きつつある(といっても18時近いのですが)陽の光を受けて黄色に輝いています。乗客は慌てて窓に駆け寄りシャッターを切っています。

 普通電車で良かった。心から思ったのはこの瞬間でした。

 あっという間に列車は終点のツェルマットの駅に吸い込まれていきます。




ツェルマット駅前にて


d0105068_1915176.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm F2.8 L USM ツェルマット駅前

 ツェルマットには化石燃料を使った自動車は乗り入れることができません。ここでは変な形をした電気自動車(最新の電気自動車なんてものは無い)や馬車が大活躍していました。

 馬車は観光客にも大人気。タクシー代わりの馬が並ぶ不思議な雰囲気の駅前です。車がいないと街はこれほど前に静かになるものかと驚かされます。ただ欲を言うならば、馬車もいるほど観光地すぎてこの街に泊まるのは面白くないなと思ったのも事実です。



d0105068_1322982.jpg
 発車までの空き時間に絵葉書などを買って、駅近くの街を見て回りました。先ほどの写真のおばちゃんもそうですが、トレッキングの装備を手にした人がかなり多いという印象です。

 スイス旅行で思っていた疑問が確信に変わったのはここです。

 それは日本人があまり多くないのではないかということ。

 ツェルマットには呆れるほど多くの日本人で溢れているのではないかと思っていました。というのもスイスのツアーを見ると絶対にツェルマットに行くプランになっていたからです。ところが、ツェルマットの駅のホームや街を歩く観光客の容姿を見る限り、どうもそうではないようなのです。ヨーロッパ各国の方を中心にご年配の夫婦や家族がとても多く、想像していた観光地のイメージとは少し違っていました。

 これも鉄道一つで西ヨーロッパの各国から遊びに行くことができるという、交通の便の良さからこそなのかもしれません。



d0105068_22485187.jpg
 マッターホルン・ゴッタルド鉄道 ツェルマット駅

 ツェルマットでゴルナーグラート登山鉄道に乗り換え、さらに急な勾配を登っていきます。この鉄道は始点と終点で標高差が1400m近くあり、まさに「登山」としか言い様のない路線です。

 出発してしばらくすると眼下にはツェルマットの街並みが広がり、マッターホルンが目に飛び込んできます。




森林限界を超える


d0105068_2302624.jpg
 リッフェルアルプ駅を過ぎると森林限界を突破し、眺望が大きく開けます。リゾートホテルのあるリッフェルアルプ駅も大分高い場所にありましたが、列車は更に山を登っていきます。

 途中駅で鉄道工事の作業員達とすれ違いました。厳しい自然の中で、常にメンテナンスを続けているのでしょう。先ほどの写真にもあったように路線そばで大きな崖崩れが起きることもしばしばあるようです。




d0105068_005381.jpg
 線路がカーブし、尾根の上を電車が登っていきます。

 そこで目に飛び込んできたのは更に大きな姿となったマッターホルンの姿でした。



リッフェルベルクへ

d0105068_1330188.jpg
 リッフェルベルク駅に到着します。

 リッフェルベルクの駅舎はスキー場のリフト乗り場のような風情です。ホームの反対側には牧草地が広がり、のどかなカウベルを響かせながら羊たちがやってきました。空は恐ろしく澄んだ青色をしています。草の葉は午後の陽光を受けて明るい黄緑色をしています。



d0105068_13303310.jpg
 駅前には何もありません。ホテルまで未舗装の道が続き、トレッキングコースの看板が行き先を示してくれるだけです。

 音も何もしません。

 音がしないということがいかに新鮮か。日常がいかにノイズに満ちあふれているかを痛感します。





d0105068_19151814.jpg
 リッフェルベルク教会

 ホテルのすぐそば、駅前とは思えない場所に人気の無い教会と美しい山並みが広がっています。神秘的な場所です。

 逆さマッターホルンを撮影できるトレッキングコースの終点近くにありますが、夕刻(といっても20時近くですが)にはほとんど通る人がいません。ただ静寂だけが広がっていました。山並みのシルエットと雲の動きがこの教会にとても合っています。実に美しく、素朴でした。また一度行きたいですね。

マッターホルンの美しい姿を描いたこちらの記事もご覧下さい。

[PR]
by vivid_bit | 2013-08-03 19:21 | EF24-70mm L USM
中世の街プラハ、モノトーンの世界を旅して
チェコ共和国の首都プラハ。中世の雰囲気を色濃く残すこの街ですが、1600年代以降はヨーロッパの政治・文化・芸術の本流からは外れていました。

皮肉なことに大国の中心地で無くなったことで、以後の独仏、独ソの係争の中心からも外れ、第二次世界大戦においても、ソ連軍総反攻の主方向に当たることなく、ケーニヒスベルク(カリーニングラード)のように美しい町並みが根こそぎ破壊される事態を避けることができました。


d0105068_043518.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

プラハは本屋の街でもあります。古本やアンティーク品を扱うお店も多く、枯れた雰囲気のあるお店が多く存在します。

キヤノンEOS 5D MarkIIと24-70mmLが、街のスナップであっても小物の撮影であっても汎用的かつ安定的にこなしてくれます。このコンビは大量に撮影したいときのメイン機材として活躍してくれているのですが、やはりケチのつけようの無い品質です。かなり時間の無い旅だったのですが、滞在中もトラブルフリーでした。



d0105068_2339224.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM


d0105068_0421888.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

街を歩いて楽しかったのはパリよりもプラハでした。市街地はどれもこの写真のように雰囲気があり、その陰影はどれもドラマチックです。

落ち着いた路地に見えるタトゥー屋の看板。少しアンダーグラウンドの香りが漂う空気の中で、痩せた犬が徘徊する景色は何とも不気味です。




d0105068_0432924.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

プラハの天文時計は、プラハの中でも一、二を争う名所です。からくり時計が起動するのを目当てに毎正時に多くの観光客が集まってきますが、室町時代の頃から設置されているこの時計の歴史からすれば、からくり時計の機能が加わったのはつい最近とも言って良いぐらいです。

中世においては正確な機構により時を刻む時計こそがサイエンスの象徴であり、最新鋭の機械でした。ヨーロッパの中心で時代の先を進んでいたモニュメントが、今では中世の趣を残すノスタルジックな場所になっているのは興味深いところです。

渋谷駅前のスクランブルと巨大ビジョンをそのまま300年残したら、きっと巨大なハードウェアで最新情報を得ることがなくなった未来の人には最高の遺物として目に映るのでしょう。

モノトーンで色彩を捨象し、シンプルに見える世界でこそ、歴史を見てきたモニュメントの持つ重みがより一層伝わってくるように感じます。


d0105068_12481.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM

パリの地下鉄の車両の中で、お金をせびる大道芸人に出くわしたとき、演奏の押し売りをしている癖になんて厚かましい人間なんだと呆れると同時に、日本の公共空間のクリーンさに改めて気づかされました。

一方、プラハも大道芸人は多く、観光名所で演奏をする人も多いのですが、「大道芸人」と言うには申し訳ないほど、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれる人が多いことに驚きました。街の雰囲気にふさわしい「アート」がそこにはありました。多くの観光客もそのことに気づいたのでしょう。街角のカフェの一角には演奏に聴き入る聴衆の人だかりができていました。

彼女は何を思ってプラハで演奏していたのかは分かりません。しかし、モノトーンの街並みの一角で、モノトーンの風景に溶け込むアートを作り出す一人であったことは確かです。


d0105068_133830.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-06-10 20:01 | EF24-70mm L USM
東京ホタル、明日開催&ひとことガイド
一年で終わってしまうのは勿体無いと思っていた東京ホタル。ついに今年も「東京ホタル2013」として開催されます。
こちらは昨年の写真です。

d0105068_15274067.jpg
EOS 5D MarkII + EF24-70mm L USM


隅田川に青く光るLEDが漂う姿とライトアップされたスカイツリーのコラボレーションは実に見事です。

■混雑度合い
当日のチケットが無い方も多いと思いますが、見えることは可能です。かくいう私もチケット無しで当日飛び込んでの撮影をしました。

スカイツリーの見える隅田川西岸が混雑しています。
見えるところには必ず人で埋まっており、特に浅草周辺は大変な混雑になっています。
このあたりで急に来ていい写真を撮るのは難しいと思います。

混んでいますが吾妻橋と東武鉄道の橋の間は、アサヒビールとスカイツリーを背景に撮影でき、独特の絵が撮れそうです。

d0105068_9491981.jpg
言問橋より北側ではやや空いています。写真でお分かりのように、スカイツリーと川を絡めることができるのでおすすめの観覧スポットです。
こちらのサイトにある西Cブロックのあたり

直前に駆け込むならここか、隅田川右岸でしょうね(←こちらはよく知らない)。

d0105068_9495173.jpg
時間的には最初からいる方が、薄暮の空の青さとスカイツリーという美しい風景を見ることができるのでおすすめなのですが、最初は空が明るすぎて、LEDの球「いのり星(R)」が目立ちません。祈れません。

こちらの写真は午後7時2分に撮影したものですが、昨年は5月6日の開催だったため、もっと明るいと思います。

演奏などはあるのですが、球が流れる演出自体には変化が無いので、途中で帰ってしまう人がそれなりに多かったです。
なのでそのうち川の柵沿いなど撮影しやすい場所は徐々に空いてきます。アサヒビール前も最後には空いてきますので、黄金の輝きと青い光をコラボ撮影するのはこのときでもいいかと思います。

■撮影時のメモ
d0105068_9502366.jpg
今回の撮影時では人をシルエットにしてしまっているので、手前に多くの人がいても気になりませんが、これを避けたいということであれば、チケットを入手して前の方で撮影する必要があります。
ただ個人的には無料でも少々早めに来ればいくらでも良い場所はあると思っています。

共同通信の写真を見ると、メインステージ近くですと照明が準備されており、シルエットにするのは難しいようです

川の流れの性質上、徐々に流れの弱い川岸に浮かぶものがたまっていくことになりますので、下流にいくほど川の真ん中に球が無いという景色になります。そういう点でも上流がおすすめです。

屋形船が時折通るのですが、これを生かすか、外すか、なかなか難しいところです。屋形船の赤い光が青い空間にはミスマッチとも思えなくもないですが、隅田川東側を通る首都高速の照明とは合っています。

蔵前のあたりで回収作業をしているので、このあたりですと「いのり星(R)」がゴミのように漂って、必死に回収される微妙な姿が目に飛び込んできますので、非常に残念な気持ちになります。撮影の際にはご注意下さい。(こちらのサイトに詳しい記載があります)

■演出
あちこちにスピーカーが設置されて、持田香織のテーマ曲が流れてきます。
リピートの回数が半端ないので、ヤマダ電機ばりに洗脳されます。ご注意下さい。

■帰り道
銀座線に乗ったのですが、案外混んでおらず、花火後の駅と電車を想像すると拍子抜けします。
東武や日比谷線も走っていますし、駅が分散しているのが大きいのかもしれませんね。


この東京ホタルはとても印象的な風景を演出してくれます。明日のイベントにはぜひ足をお運びください!


蔵前観光(蔵前付近の情報はこちらへ)
http://kuramaekanko.com/archives/1102

東京ホタル|TOKYO HOTARU FESTIVAL 2013
http://tokyo-hotaru.jp/

東京ホタル Facebookページ
https://www.facebook.com/tokyohotaru

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by vivid_bit | 2013-05-24 15:27 | EF24-70mm L USM
六本木アートナイト2013と六本木の桜の夜
夜通し開催している六本木アートナイト2013に参戦。
去年は震災で中止になった2011年の分まで取り返そうという勢いがありましたが、野外を練り歩くイベントも無かったですし、今年はちょっと寂しかったかな…。

d0105068_1215684.jpg


六本木の東京ミッドタウン脇の桜並木です。今まさに満開です!




d0105068_12111627.jpg







d0105068_12221217.jpg




d0105068_12123100.jpg





d0105068_12153.jpg





d0105068_1202766.jpg


d0105068_1201766.jpg




d0105068_11571377.jpg





d0105068_11562763.jpg





d0105068_11555034.jpg




d0105068_11554136.jpg


d0105068_11552977.jpg





d0105068_11551743.jpg


d0105068_1275518.jpg




d0105068_11464119.jpg

[PR]
by vivid_bit | 2013-03-24 12:04 | EF24-70mm L USM
赤坂氷川祭、山車が街をゆく
赤坂氷川祭最終日には山車が繰り出されます。

今年は裏まつりなのですが、それでも赤坂通りを閉鎖して
都会のど真ん中を大きな山車が練り歩く光景は見事です。

すっかりファンになってしまいました。


d0105068_1211441.jpg

閉鎖された道に車無し。


d0105068_1242996.jpg



d0105068_124190.jpg







d0105068_1234457.jpg

名店菊の井も出店を出しています。有名店の料理を気軽に食べられる秋祭りなんて
そうそうありません。






d0105068_123142.jpg




d0105068_1302687.jpg

電線を持ち上げながら山車は進みます。後ろに見えるのは東京ミッドタウン。
伝統的な祭とのコントラストが面白いです。












d0105068_13152.jpg

夕暮れ時の光が美しい。

d0105068_1304891.jpg




d0105068_1312576.jpg

夕暮れ時の長い影が印象的でした。



赤坂氷川神社
http://www.akasakahikawa.or.jp/
[PR]
by vivid_bit | 2012-09-25 01:24 | EF24-70mm L USM


カテゴリ
全体
DP2 Merrill
SWH 15mm F4.5 II
Summilux 35mm F1.4
NOKTON50mm F1.5
Biogon 21mm F2.8
Biogon 28mm F2.8
Planar 45mm F2
Sonnar 35mm F2.8
Distagon 35mm F1.4
Planar 50mm F1.4
Planar 85mm F1.4
Vario-Sonnar80-200mm
EF-S10-22mm
EF50mm F1.4 USM
EF24-70mm L USM
EF85mmF1.8 USM
EF135mm F2L USM
EF100-400mm F4.5-5.6
SP AF17-35mm F/2.8-4
XF35mmF1.4 R
XF18mmF2 R
その他
未分類

以前の記事
2015年 03月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2011年 08月
2008年 10月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 03月
2007年 02月

タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ