カテゴリ:Vario-Sonnar80-200mm( 2 )
ツァイスレンズで、フランス・サルラの街を切り取る(その2)
 前回の記事の続きです。バリオゾナー80-200mmを持ち出して、フランス南西部アキテーヌ地域圏の街・サルラ(サルラ=ラ=カネダ)を旅します。

(フランス・サルラの写真を全6回に渡って特集しています。→ サルラ  )

 フランスには、フランスの歴史的・文化的の文化財を保護し、不動産の修繕を促進する通称・マルロー法という法律が1962年に制定されており、旧市街地の保護、修復、利用を促進する役割を果たしました。このマルロー法の適用第一号となったのがこの街・サルラだったのです。

d0105068_03416.jpg
Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 (MM) フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda (以下全て同じ)






d0105068_8254138.jpg

 日本で言うところの鎌倉時代の頃から教会の司教区に属し、戦乱をくぐり抜けながら発展してきた街ですが、フランス革命によって司教区が廃止されてからは、この街の独自性も薄れ、歴史の波からは取り残されていったそうです。

 逆に今では古い街並みと伝統の食文化が残っていたことで、新たな魅力が発見され、観光で大いに栄えることとなったというのは皮肉なものです。


d0105068_827761.jpg
 この地域は第1次大戦時も、第2次大戦時も戦線からは遠く、そのままの街並みが綺麗に残っています。もしスペインが枢軸国に加わっていたら、スペインに上陸した連合軍がフランス方面へ押し寄せ、この地域も戦火に巻き込まれたかもしれません。逆にスペインが連合国に加わっていたら、ドイツ軍と連合国との間でフランス南西部で激戦が展開されていたことでしょう。

 こうした街並みを見ること一つを取ってみるだけで、歴史というものの大きさを感じます。


d0105068_829583.jpg
 フランス南西部の町をいくつか回りましたが、どの街に行ってもピザ屋が繁盛しています。特にこの店はホテルのオーナーからもお薦めされた店でして、この街では一番のピザ屋なのかもしれません。
d0105068_23331614.jpg


d0105068_23364824.jpg


d0105068_826213.jpg

 ただの路地すらも美しく、何時間歩いても飽きません。狭い路地が延々と続く町ですが、写真を撮るには最高のシチュエーションです。旧市街地は車の進入ができないため、お店は堂々とテーブルを出し、歩行者は車を気にせず、街中を歩き回れます。

 パリで写真を撮ろうとすると、通りが大きすぎて車が目立ち、あまり面白い写真は撮れませんでした。逆にサルラは人が歩くのに絶妙な路地の広さで、ナトリウムランプで照らされた夜の路地も実に絵になります。


d0105068_8244142.jpg

 このポスターは何なんだろうと今更ながら思い返し、調べて見ると、"Sarlat vue du CIEL"とは「空からサルラ」という意味で、聖マリア教会の屋上まで360度シースルーのエレベーター方式で上がり、そこから眺めを楽しむ施設だったようです。下からはただの教会にしか見えないので、こんな設備があるとは知りませんでした。

 このサルラでは小売店でもしっかりお昼休みを取ります。12時から14時までは土産物店も閉まってしまうので、この従業員の方も長いお昼を楽しんでいるのかもしれませんね。

 今回ブログで取り上げているのはまだ一都市(サルラ)だけでして、まだまだ大量の写真があります。今後も掲載していくのでぜひご期待下さい。

d0105068_02274528.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ

[PR]
by vivid_bit | 2013-10-27 13:05 | Vario-Sonnar80-200mm
ツァイスレンズで、フランス・サルラの街を切り取る
 古くからカメラを持っている人の間では「カールツァイス」という言葉が、独特なブランド感を持っていることはご存知のことでしょう。そのツァイスと非常に密接な関係にあったマシンが、日本の京セラが産み出した一眼レフカメラCONTAXシリーズです。私も散々CONTAX G2CONTAX T3 の写真を取り上げていますが、やはり大本はこのシリーズと言うべきでしょう。

 ちなみに、今になってCONTAX Aria の人気が再燃しているようです。このコンパクトに整ったデザインは「いかにもカメラらしい」という佇まいと、レトロなかわいさが両立していて実に見事だと思っています。私がこのカメラに手を出したのは、このデザインがあったからに他なりません(シャッター音だけは気にくわないのですが)。残念ながらCONTAX Ariaは、このミディピレネーの旅ではお休みしていたのですが、近くに軽くお出かけするにはとても良いカメラだと思います。

 さて、今回の旅では、メイン機のEOS 5D MarkIIにアダプタを介して接続する形で、一眼レフCONTAX向けのカールツァイスレンズを持参しました。カールツァイスのブランドネームが振られたレンズは今も次々に発売されていますが、私が持っているのはマニュアル機だったCONTAXシリーズ向けのものなので、EOS 5Dに付けてもオートフォーカスは効きません。しかし、のんびりした街中で撮るのに、零コンマ何秒というキビキビとしたオートフォーカスは必要なく、むしろ街の雰囲気にはマッチしていたように思います。

 今回取り上げるVario-Sonnar(バリオゾナー) T* 80-200mm F4という望遠レンズは、決して高価ではなく、むしろ私が持っているレンズの中で、1位、2位を争う安さでした(中古価格)。ところが到底そう思えないいい写りを見せてくれます。このレンズを持って、これまでご紹介しているフランス南西部の美しい街「サルラ」(サルラ=ラ=カネダ)を旅します。


d0105068_23395821.jpg
Canon EOS 5D MarkII + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 (MM) フランス・サルラ Sarlat-la-Caneda

 午前中のきりっとした光の中で、あたかもセットなのではないかというぐらいに整った写りを見せてくれます。コントラストもしっかりしていて、色の乗りも良く、最近発売されたレンズなのではないか……というぐらいに、とても現代的な写りをしてくれます。後で写真を見たときに、本当にこのレンズで撮ったんだっけと調べ直したぐらいです。

 メニューはこの地方に典型的な並び方になってますすね。



d0105068_2341380.jpg

 この写真では多少距離を取っていますが、最短撮影距離が1mであり望遠200mm端ではマクロ的な撮影もできます。かなり模型チックなボケ方になり非常に面白い描写ですので、また別の機会にご紹介したいですね。


d0105068_23353086.jpg



d0105068_23382469.jpg

 とても素直なボケを見せてくれる富士フイルムのXF35mmF1.4R とは違って、こちらはさすがにクラシカルなボケですね。ただこれはこれで味があっていいわけです。




d0105068_8305285.jpg

 絞ると非常にシャープです。石造りの街並みにも似合う描写を見せてくれます。一昔のレンズであったことを忘れさせますね。さすがはカールツァイスです。




d0105068_2359973.jpg



d0105068_23571783.jpg

 トンネル状になった通路の先に素敵なレストランが広がっています。サルラにはこのような場所がたくさんあって、どこを歩いていても切り取りたい空間に出くわします。

 闇の向こうに広がる赤色が眩しく、ツァイスらしいしっかりした写りがたまりません。それでいて廉価版のAFズームレンズを使うよりずっと安いのですから、少し上を目指したい人にぜひお勧めしたいレンズです。

 今まで旅先には望遠ズームレンズを持っていっていなかったのですが、このレンズによって改めて、旅先で撮れる幅の広がりというものを認識させられました。

 まだこのレンズの作品は載せていきますので今後の更新をご期待下さい。


d0105068_02274528.jpg


[PR]
by vivid_bit | 2013-10-25 20:12 | Vario-Sonnar80-200mm


カテゴリ
全体
DP2 Merrill
SWH 15mm F4.5 II
Summilux 35mm F1.4
NOKTON50mm F1.5
Biogon 21mm F2.8
Biogon 28mm F2.8
Planar 45mm F2
Sonnar 35mm F2.8
Distagon 35mm F1.4
Planar 50mm F1.4
Planar 85mm F1.4
Vario-Sonnar80-200mm
EF-S10-22mm
EF50mm F1.4 USM
EF24-70mm L USM
EF85mmF1.8 USM
EF135mm F2L USM
EF100-400mm F4.5-5.6
SP AF17-35mm F/2.8-4
XF35mmF1.4 R
XF18mmF2 R
その他
未分類

以前の記事
2015年 03月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2011年 08月
2008年 10月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 03月
2007年 02月

タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ