夜の街にEF135mm F2Lを持ち出す
 EF135mm F2L USMは、ボケが大変美しく、素直な描写ですので、特に人物などの被写体を浮かび上がらせるのに、これほど素晴らしいレンズは無いと思うほどです。キヤノンLレンズの中でも銘玉と呼ばれて久しいレンズですが、私もその意見に賛成です。

 多くの単焦点レンズを当ブログで紹介しておりますが、特にEOSの単焦点レンズの中で最も活躍してくれているレンズです。

d0105068_21472310.jpg
EOS 5D + EF135mm F2L USM 日吉駅


d0105068_21481453.jpg
 



大雪の東京と135mm F2L USM

d0105068_23482502.jpg
EOS 5D Mark II + EF135mm F2L USM

 ボケが素直なので、要素を盛り込んでもうるさい表現になりません。

 乾いた小さな雪も実に巧みに表現してくれます。丸みのある雪の凹凸も立体感がありますね。


d0105068_23491999.jpg

 ポートレート写真で人気のあるレンズですが、被写体が静物でも非常に良い表現をしてくれます。ウェットすぎない忠実な表現が、撮影者の意図通りの絵作りを可能にします。


d0105068_01062819.jpg
d0105068_11221469.jpg

 ではいやらしい光線状況にするとどうかというところですが……。



d0105068_01063304.jpg

d0105068_01512985.jpg
d0105068_11211074.jpg

 確かにゴーストは出ますが、破綻しない絵作りはさすがです。

 凄まじい勢いで降る雪の細かさと、深海の光景を思わせるボケた雪の美しさと、背景に写る街灯の穏やかなボケが自然に調和しています。



d0105068_23500865.jpg

 何でもないような景色を絵にできる点が、このレンズの面白いところですね。


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ / にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ / にほんブログ村 写真ブログへ

[PR]
by vivid_bit | 2008-10-31 21:51 | EF135mm F2L USM
<< 直島の海と空と 汐留の近未来風景 >>


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ