六義園のしだれ桜と大名庭園
 東京・駒込にある六義園(りくぎえん)は、都内有数の規模を誇る大名庭園として知られています。中でも最大の見所と言えるのが、このしだれ桜ではないでしょうか。


d0105068_00163705.jpg
Leica M8 + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 2013年3月25日 東京・六義園

 この美しいしだれ桜は、例年3月下旬に満開となります。今年はというと、テレビ中継を見たところではもう満開のようですね。上の写真は2013年のものですが、3月25日の時点で既に散り始めています。今年は少し開花が遅いのがよく分かります。

 六義園のしだれ桜は夜間はライトアップされることでも有名で、ライトアップ期間中は特別に夜9時まで開園されます(入場は夜8時半まで)。ただし、かなりの混雑になるようですね。

 上の写真はLeica M8とフォクトレンダーSUPER WIDE HELIER 15mm(35mm判換算で約20mm相当)の組み合わせで撮影したものですが、これだけ広角のレンズでも画面一杯となるので、広角寄りのレンズが必要です。この時は平日日中の天気の悪い日に撮影したため、来園者もそれほど多くなく、少し引いた場所から撮影できたのですが、まさに今日明日のような満開の週末ともなると、かなり接近して撮影せざるを得ません、そうなるとかなりの超広角レンズが必要となるかと思います。


d0105068_00381636.jpg
Leica M8 + Voigtlander SUPER WIDE HELIER 15mm F4.5 II 東京・六義園

 花鳥風月的な写真をそこまで熱心に撮る方ではないですが、とはいえ桜の時期ともなると、その美しさに心が動くのは日本人の性なのでしょうか。

 今日も東京・乃木坂にある乃木公園では、多くの方が満開となった桜にカメラを向けていました。カメラを持ってなくて悔しかったです……。


大名庭園を歩く

d0105068_01243854.jpg
d0105068_02184993.jpg
d0105068_02184378.jpg
SIGMA DP2 Merrill 東京・六義園

 六義園は、徳川綱吉の側用人であった柳沢吉保が造った回遊式築山泉水庭園で、万葉集にも描かれた「和歌の浦」(現在の和歌山県)の光景が造られるなど、庭園の中に、山、谷、川、島、浦といった自然の風景がそのまま盛り込まれています。

 植物は多種多様で、桜の時期にもう若葉が芽吹いている木もありました。


d0105068_00434639.jpg
SIGMA DP2 Merrill 東京・六義園

 写真は上下逆さまではありません。六義園の中でも指折りの大木である、樹齢300年の「吹上の松」を撮影した一枚です。枝を四方に伸ばし、もう水面に付くのではないかというほどです。

 等倍で見ると、針のように鋭い葉の一葉一葉が、目に突き刺さりそうなほどの描写なのですが、超絶解像力のDP2 Merillならではといったところでしょう。

 満開の桜だけでなく、見事な大名庭園を見物してみるのもいかがでしょうか。


d0105068_12225732.jpg



[PR]
by vivid_bit | 2014-03-30 01:27 | SWH 15mm F4.5 II
<< 六本木・東京ミッドタウンの桜を... X-Pro1の素晴らしさを改め... >>


タグ
(16)
(15)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ